Word 2016 for Mac 入門

文字列に書式を設定する

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、文字の配置や大きさ・色などの書式を変更する方法について確認します。
講師:
04:00

字幕

このレッスンでは文字の配置や大きさ、色などの書式を変更する方法について確認します。文字を入力して範囲選択して文字の大きさを変更したい場合は[フォントのグループ]の左上にある数値が表示されている下向きの三角をクリックすることで文字の大きさを変更することができます。また、その右側の[フォントサイズの拡大]や[フォントサイズの縮小]のボタンをクリックすることで少しずつ小さくしたり、大きくしたりフォントサイズを変更することができます。フォントの色を変更したい場合は[フォントのグループ]の下の端右から3番目にあるボタンを押すことで文字の色が変更されます。ボタンの右側にある下向き三角をクリックすると色のパレットが表示されるので色を選択することで選択した色に文字の色を変更できます。範囲選択し[段落のグループ]の下の端の左から2つ目のボタンをクリックすると文字列を中央に揃えるという機能で行の中央に文字列を揃えることができます。同じくその右側は[右揃え]というボタンなので文字列は行の右端に揃います。今回は中央に揃えておきます。これで、1行目の入力が終え範囲選択を解除しReturn キーで改行します。改行すると新しい行は今設定した行の書式をそのまま引き継いて作成されます。 この2行目は1行目と異なる書式にしたい場合この様に、入力してから書式を設定し1行目の書式の設定が終わってから2行目に改行すると引き継がれてしまうのでもう一度2行目の書式を変更しなければなりません。この様に、入力する度に書式を設定していると作業効率が悪くなります。作業効率を良くするためには予め必要な文字列はすべて入力します。文字列が入力し終わった後に選択してフォントサイズを変更したりフォントの色を変更したり配置を変更します。必要な所を範囲選択してから設定をするので先ほどのように、前の設定を引き継って他の所に反映されることはありません。書式を設定する時は予め、必要な所はすべて入力した後で書式の設定を行っていきます。また、書式の設定を間違えた場合は左上の[クイックアクセス]ツールバーの左から3つ目にある[元に戻す]というボタンをクリックすることで1作業ずつ操作を戻していくことができます。その右側にある[やり直し]というボタンをクリックすると元に戻した分またやり直して進めていくことができます。これらの[元に戻す]や[やり直し]というボタンと組み合わせて書式を設定していきます。このレッスンでは文字の配置や大きさ、色などの書式を変更する方法について確認しました。

Word 2016 for Mac 入門

Mac版のWord 2016は画面構成もWindows版とほとんど同じで高い互換性があり、使い方のポイントを押さえれば誰でも簡単に見栄えのよい文書を作成することができます。このコースでは初めてWordを使う人を対象に、用紙サイズの設定や文字入力、改ページの手順や表の作成、 画像の挿入など基本的な機能に絞って解説します。

1時間18分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年09月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。