2017年7月26日に弊社のプライバシーポリシーが改定されました。引き続きLynda.jp日本版をご利用になることによりこれらの文書に同意されたものとみなされますので、事前にご確認ください。

Word 2016 for Mac 入門

図形を挿入する

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、図形を挿入する方法について確認します。
講師:
03:42

字幕

このレッスンでは図形を挿入する方法について確認します。図形を挿入するには[挿入]タブをクリックしてリボンを切り替えます。リボンを切り替えたら左側にある[図]のグループの左から2つ目[図形]のボタンをクリックします。このメニューの中から図形を選択します。まずは三角形を選択します。用紙の上にマウスを移動させるとポインターの形が変わりドラッグすることで好きな大きさで三角形を挿入することができます。マウスから手を放すことで図形が挿入されました。図形が挿入され選択された状態であると[図形の書式設定]というリボンが新たに表示されます。図形とは関係のないところをクリックして図形の選択を解除すると表示されていた書式設定のリボンは非表示になります。図形を削除するには図形を選択しキーボードの Delete キーを押すことで削除できます。もう一度図形を挿入します。[挿入]タブをクリックして[図形]のボタンを選択し今度は四角形を選択します。ドラッグすることで先程の三角形と同じように好きな大きさで長方形を描くことができます。この時に Shift キーを押しながらドラッグすることでドラッグしても正方形の大きさが変わるだけで作成できる図形は正方形になります。 マウスから先に手を放して後から Shift キーから手を放します。これで正方形が完成です。[図形の書式設定]のリボンの左側にある[図形のスタイル]の右側[図形の塗りつぶし]というボタンの右側の下向き三角のボタンをクリックすることで図形の色を変更することができます。図形の周りには枠線が表示されているので[図形の塗りつぶし]のボタンの右側にある[図形の枠線]のボタンの右側下向き三角のボタンをクリックして色を変更することもできますし[線なし]を選択することで線をなしにすることもできます。今回は[線なし]を選択し周りの線は非表示の状態にしておきます。関係のないところをクリックし選択を解除すると図形が完成しています。図形の中に文字を入力したい場合は図形を選択し、選択している状態で文字を入力します。Return キーで確定し関係のないところをクリックして選択を解除すると図形の中に文字が挿入されています。最後に、星を1つ描きます。[挿入]タブをクリックし[図形]のボタンをクリックします。下の方にスクロールし[星5]という形を探して選択します。ドラッグして好きな大きさで星を描画します。図形を作成すると図形の中に黄色いマークが表示されているところがあります。 このマークをドラッグすることで図形の形をアレンジすることができます。このレッスンでは図形を挿入する方法について確認しました。

Word 2016 for Mac 入門

Mac版のWord 2016は画面構成もWindows版とほとんど同じで高い互換性があり、使い方のポイントを押さえれば誰でも簡単に見栄えのよい文書を作成することができます。このコースでは初めてWordを使う人を対象に、用紙サイズの設定や文字入力、改ページの手順や表の作成、 画像の挿入など基本的な機能に絞って解説します。

1時間18分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年09月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。