中小企業のためのソーシャルメディアマーケティング

メディアごとの最適な投稿頻度を知ろう

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
それぞれのソーシャルメディアにあった頻度で投稿するようにしましょう。
講師:
04:08

字幕

このレッスンではTwitter・Facebook・Instagramソーシャルメディアごとの最適な投稿頻度を知ろうというところのお話をさせていただきます。よくお客様から私自身もいただく質問としてどれくらいの頻度で投稿したらいいんですかというところなんですがそれぞれのメディアによってやはり最適な投稿頻度というのは変わってきます。それぞれのメディアがどれぐらいの頻度がいいのかというところをここでは理解をしていただければなと思います。まず Facebook です。Facebook の場合は1日に1~3投稿してください。理由まず読みますね。投稿頻度が高すぎると、反応が分散してしまい投稿の広がりが妨げられるというところです。続けて投稿すると新しい投稿に反応、いいねとかコメントとかが集まっちゃって前の投稿には反応がなかなか得られなくなるんですね。前の投稿も広めたい情報である場合この投稿頻度が高いがために情報が広がらないということが起こります。ので、投稿頻度は控えめに1日1~3投稿にしてくださいということです。2つ目、同じユーザーからの投稿が続くと非表示などの設定にされてしまい投稿が閲覧されなくなるということがあります。 極端な場合はせっかくファンになってもらったのにファンになった登録を外されるということもあります。なかなかこの連投っていうのはFacebook のユーザー嫌いなようであまりよろしくありません。なので1日1~3投稿に留めておいてくださいというところです。次 Twitter いきますね。Twitter の場合は1日 10 ~ 20 投稿Facebook とは大きく違いますけども10 投稿から 20 投稿してくださいということです。1つ目。タイムラインに数多く登場し、フォロワーとの接触頻度を高めるということです。2つ目が、他のユーザーへの返信や自身のビジネスに関連するニュース挨拶など、とにかく投稿頻度を確保するということです。Twitter の場合は、どんどんどんどんアイコンを、自分のプロフィール画像をタイムラインに流すことによって接触頻度をあげていくということに重点を置いてやってください。それだけやったらネタがなくなるんじゃないかなということであればビジネスに関係ないネタでも結構ですのでとにかく1日 10 以上は投稿するということを心がけてやってください。次 Instagram ですね。Instagram の場合は1日1~3投稿に留めておいてください。これ Facebook と同じですね。 同じユーザーからの投稿が並ぶとフォローを外されるなどするため連続して複数の投稿を行うのは控えましょうということです。2つ目が、連投したいときはストーリー機能を活用するなどして対応してくださいということです。ストーリー機能というのが今この部分に表示されるようになってましてInstagram のこの画面の特等地に自分のプロフィール画像、アイコンを表示させることができます。どんどんどんどん今起こっていることを次から次にライブ的に配信したい場合はこの普通のニュースフィードの通常投稿ではなくストーリーを使うなどして対応をしていただければ嫌がられることもなく、運用ができるという形になりますのでInstagram 通常の投稿は1日1~3投稿に留めておいてくださいというところです。ざっとですが、この3つのメディア最適な投稿頻度というのを見ていただいたかなと思います。今お伝えしたのはあくまでも一般的な最適な投稿頻度になりますのでこれをちょっと上げたり下げたりしながら自分のアカウントではどのぐらいの投稿頻度が効果的なのかというところを見出しながら運用していただければなと思います。このレッスンではTwitter・Facebook・Instagramソーシャルメディアごとの最適な投稿頻度をお伝えさせていただきました。

中小企業のためのソーシャルメディアマーケティング

FacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアは中小企業にとって少額で自社のビジネスをアピールできる絶好の広告ツールです。このコースではソーシャルメディアごとの特徴を理解したうえで、アカウントの取得方法や投稿の手順、広告出稿の流れや動画や画像の活用方法など、ソーシャルメディアマーケティングを行うさいの基礎的な知識を解説します。

3時間20分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。