中小企業のためのソーシャルメディアマーケティング

FacebookでLIVE動画を配信しよう

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
Facebookでリアルタイム動画を配信しファンとコミュニケーションをとりましょう。
講師:
05:12

字幕

このレッスンでは Facebook でライブ動画を配信する手順についてお伝えします。これは個人のアカウントでもFacebook ページでもどちらでも同じやり方でできますので参考にご覧になっていただければと思います。まず Facebook、今 Facebook ページが開いていますがこの投稿のところですね、ここに[投稿する]というのがありますね。こちらをタップします。この下のメニューの中からライブ動画を配信する場合はライブ動画この上から2つ目のこれを選択します。タップします。今もうこのボタンを押したら動画が配信できるんですけれどもその前にここに[説明を追加]というのがあります。こちらを「動画配信テストをしています」というふうに今回は打ちまして、右上の[完了]ボタンをタップします。もうここまでできたらこの配信ボタンをタップしてください。[ライブ動画を開始しています]となって今左上のところに[LIVE]がぴかぴかと光っていますがこの状態でライブが配信されています。これでもう世界に自分の動画が配信できているという状態ですね。で、いろいろお話したりするんですけどこの下にあるこのアイコンを1つずつ見ていきましょう。 一番左のこちらのアイコンをタップするといろいろ Snow とか他のソーシャルメディアであると思いますがスキンがかけられます。左から2つ目のこちらを1回タップしてみましょう。なんかこういうふうにおもしろく彩れたりします。左のこれですね、これをタップすると元に戻ります。こういう遊びもしていただければと思います。あとですね、このアイコンは IN カメラとOUT カメラの切り替えです。今 IN カメラになっていますがこれを押すとこれは向う側が写っています。もう一度この IN カメラの切り替えを押しますね。するとまあ戻ってくるという形です。これがフラッシュです。暗い所で撮る場合はこれを使ってください。右側はコメントですがこれをタップするといろいろコメントが「コメント入力」と[投稿する]。「コメント入力」ってちょっとややこしいですけれど「コメント入力」と今入力したものがここに出て来るという形になります。ライブ配信を終わりたい時は右下のここですね、ここをタップすると、[ライブ動画を終了しています]と出て終了されました、という形になります。今ライブ動画をずっと配信している今出て来る画面はライブではないので僕の話しているのとちょっと変わってしまうんですが混乱されるかと思いますがちょっと我慢して見てください。 今ライブ配信をしていた時というのはこのままずっと流れているんですが、これを投稿しておくと後でもこのライブ配信が見られます。それをするにはこの[投稿する]をタップしておくとFacebook ページもしくは個人のタイムラインにこの動画を置いておけます。[削除する]をタップしておくと本当にライブのその時に見ている方しか見られませんのでこれは使い分けをしていただければいいんじゃないかなと思います。今回、[投稿する]右側の青のほうをタップします。元に戻ってくるわけですがこうやってライブ動画なんかも使いながらファンとより有効なコミュニケーションを取っていただければと思います。このレッスンでは Facebook でライブ動画を配信する手順についてお伝えしました。

中小企業のためのソーシャルメディアマーケティング

FacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアは中小企業にとって少額で自社のビジネスをアピールできる絶好の広告ツールです。このコースではソーシャルメディアごとの特徴を理解したうえで、アカウントの取得方法や投稿の手順、広告出稿の流れや動画や画像の活用方法など、ソーシャルメディアマーケティングを行うさいの基礎的な知識を解説します。

3時間20分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。