中小企業のためのソーシャルメディアマーケティング

Twitterでフォロワーを集める広告を出稿しよう

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
フォロワー獲得のための広告メニュープロモアカウントを活用しましょう。
講師:
09:10

字幕

このレッスンではTwitter でフォロワーを集める広告を出稿しようということでフォロワーを獲得するための広告を出稿する手順についてお伝えをさせていただきます。まず、今見ていただいてるのがTwitter のホーム画面なんですけれどもこの右上の自分のアイコンが表示されてるところありますよね。こちらをクリックします。クリックしますね。そうすると、ここのメニューの中に[Twitter 広告]というメニューが出てきますのでこちらをクリックします。そうするとこの[広告マネージャー]という画面が開きます。初めてやるときは色々登録するところが必要なんですが簡単な名前であるとかこの広告費の支払い方法とかというのを登録する形になるんですがこちらを登録していただくとこの[広告マネージャー]という画面が開くようになります。ここで、右上の[キャンペーンを作成]こちらをクリックします。左のメニューから[フォロワー]こちらをクリックします。ここで[キャンペーンを作成]こちらをクリックします。「広告キャンペーンを作成」とあるんですがキャンペーンに名前を付けるというところに今カーソルがピカピカと光ってるという状態です。 これは後で、このキャンペーンこのフォロワーを集めるためのキャンペーンの名前を他のキャンペーンと判別しやすくするためだけのものですので適当につけていただいても構いません。私の場合は、この出した日付がわかるようにこういう風に日付を入れたりするんですがこれはもう何でも構いません。任意のものを入れてください。「170821フォロワー獲得広告」というキャンペーンの名前を付けました。この下ですね、「キャンペーンをいつ実行しますか」。[今すぐ開始して、継続的に実施]。これ文字どおり、こういう風にしたいときはこれを選んでください。[開始日と終了日を設定]。自動的に開始日になるとこの広告が走り出して終了日になると、クローズするというものになるんですけどこちら選ぶとクリックしますね、ここ。いつからいつまでという設定ができるようになりますのでもし時間を限って、広告を出したい場合はこちらを選んでおいてください。今回はこの上の方、[今すぐ開始して、継続的に実施]の方を選んでおきます。このまま下にスクロールずっとしていきますとここで、ターゲットとするエリアを選んでくださいというところになってますので今[Japan]が選ばれてます。 もうちょっと絞りたい場合は例えばここで「東京」と入れると東京 23 区とか選べるようになります。こちらクリックします。ここで東京が設定されましたという形です。もう1つ、複数できますのでもう一度ここをクリックして「大阪」とやると、こういう風に出てくるわけですね。もう一度ここをクリックします。2つ今設定されました。一番上の、もう日本は下に2つもう選んでるんで日本はいいやというところであればこの×を押しておきます。こうやってエリアを設定するんですけどもこれも自分のビジネスに関わるエリアはどれぐらいの広さなのかというところを考えながらやっていくと結構細かくもうちょっと見てみましょうか。基本的には都道府県単位まで選ぶことができます。例えば、「千葉」と入れておいたら千葉が出てきてそうですね、「奈良」と入れておくと奈良が出てくると。こうやって色々選んでいくわけですね。都市部、これは×を押して消していくと今これで、大阪府・千葉県・奈良県。ちょっと、これサンプルなんでバラバラなんですけどもこういう形で出せるようになります。この広告の情報を自分のビジネスの範囲にうまく当てはめて配信をしていただければなと思います。 ちょっと下下がりますね。下がると「性別で絞り込む」[男女]・[男性]・[女性]。特にこの男性・女性絞り込む必要があればここで選んでください。さらに色々選べるんですけども「言語で絞り込む」。こちらクリックしますね。これをしてこの「言語を検索」というところにカーソルを合わせてクリックをするともと使ってる、そのユーザーごとの言語。そのユーザーが英語ばっかり使ってる人だったらその英語を使ってる人に対してこの広告を出すとかここに出てるので言うと[インドネシア語]とかそういうのも選べますということなんですが大体これ見ていただいている方は日本語ユーザーがほとんどじゃないかなというところで[日本語]というのを選んでおきます。これエリアターゲティングとこの言語ターゲティング合わせるとより届けたい人にしっかりとこの広告情報が届くという形になりますのでこれもしっかりと登録をしておいてください。このまま下に降りていきます。このあたりでターゲティングその他色々設定ができますのでしていただきながら、この広告を届けたい人を設定してください。下行きます。ここからちょっと大事なところ行きますね。「予算を設定」というところがあります。 「1日の上限予算金額を設定」とありますので1日どれぐらい出すか、例えば1000 円とかというのが出せます。これ、100 円でもいけますので予算があまりないというケースでも効果は金額が下がるとやっぱりちょっと下がるんですけども少額で試してみて、効果がいいのであれば増額をしていくということなんかもしていただければなと思いますのでここで予算を設定をしてください。1000 円にしておきます。1日あたりは 1000 円なんですけども総額。1000 円がずっと1か月出したら30 日なので10 日で1万円、30 日で3万円かかっちゃうと。それは困るなということでここで総額を設定しておきます。カーソルをクリックして例えばここで2万円と設定をしておくと。いうことにすると、この 1000 円ずつ出して2万円になった時点でこの広告の出稿は止まるという形になりますのでここもしっかりと設定をしておいてください。下のほうにずっとスクロールします。「クリエイティブを選択」というのがあります。ここでどんな広告を出すかというところなんですけどもここに「ソーシャルメディアコンサルタントの田村です」「フォローしてください」と新たにこうやって広告用のツイートを登録することもできます。 もしくは、ずっと下に行くと今までツイートしたものも選べますと。広告にできますと言う形になってます。これどちらでも結構なんですけども最初はこの広告用のツイートを選んでいただいた方がいいかなと思います。これを選んでいただいて[広告用ツイートを保存]こちらですね。これをクリックします。そうすると今入力したこちらですね。「ソーシャルメディアコンサルタントの田村です!フォローしてください!」というのが選択されてます。他の今までのツイートもここにチェックを入れておいていただくと同時に出すこともできますという形です。これで基本的には設定が終わりました。概要を設定して、オーディエンスでターゲットを設定して予算を設定して、クリエイティブというのが何を出すかというものを設定してすべて終わりましたので、ここで[開始]をクリックするという形です。押しますね。これでもう広告は走り出したという状態です。あとはどれだけ見てもらってどれだけの方がフォローしてくれるのかというのをただ単に待つという状態になりますのでこういう形でフォロワーを獲得するための広告というのは出稿していただければいいかなと思います。このレッスンでは、Twitter でフォロワーを集める広告を出稿しようというところで出し方についてお伝えさせていただきました。

中小企業のためのソーシャルメディアマーケティング

FacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアは中小企業にとって少額で自社のビジネスをアピールできる絶好の広告ツールです。このコースではソーシャルメディアごとの特徴を理解したうえで、アカウントの取得方法や投稿の手順、広告出稿の流れや動画や画像の活用方法など、ソーシャルメディアマーケティングを行うさいの基礎的な知識を解説します。

3時間20分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。