中小企業のためのソーシャルメディアマーケティング

目的に合った指標をチェックしよう

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
ソーシャルメディア運用の目的に合った数値を定点的にチェックするようにしましょう。
講師:
04:52

字幕

このレッスンでは、目的にあった指標をチェックしようということでソーシャルメディア解析をする上でのチェックポイント、考え方についてお伝えさせていただこうと思います。ソーシャルメディアの目的っていうのは大きく分けて二つしかありません。ある外部のサイトに誘導をしてそちらで物を売ったりとか申し込みを受けたりとかするという目的と、あと一つはですねこのソーシャルメディアの投稿そのものがたくさんの人に見られているかたくさんの人に反応されているかこの二つを見ていくべきです。それぞれの投稿、もしくはそれぞれのアカウントでですねどういう目的でやっているかっていうのをまず基準においておいてで、その目的に対して数値がどうなのかという風に見ていくという手順が必要です。例えば今これ Twitter の画面が出てるんですけれどもTwitter ってですね、それぞれの投稿について解析機能がついてます。下の方にずっと降りていきますね。例えばこの一番上のこの投稿なんです、これさっきしたとこなんですけど[ツイートアクティビティを表示]というこのアイコンがあります。これをタップします。そうすると何人の人が見ててですね何人の人がこの[インプレッション]っていうのは見られた数です。 [エンゲージメント]っていうのが何らかの動きをそのツイートにした「いいね!」をしたとか、ここであるのがリンクのクリックですねが何回あったのかという数の合計になります。この投稿は 135 人の人に見られて3 人の人に見られたという投稿なんですけれどもちょっとこの辺クリックして外しますね。この投稿自体はですね、そんなにまあエンゲージメントもクリックも求めてない投稿なんでそんなに影響はないんですけれどもずっと下がっていくとですね例えばこういう投稿がありますね。これはどうだったのかというのをツイートアクティビティを見てみます。この場合は 382 人が見ていてエンゲージメント総数は6リンクのクリックが4、プロフィールのクリックが2まあまあ4人クリックされているのでいいのかという判断をするのか全然足りないなという判断をするのか色々だと思います。こういうのもあればですね、ずっと下に下がっていくとこういうですね、ただ単に見てもらいたい投稿ありますよね。これがどうなのかというところをもう一度ツイートアクティビティを表示して見てみます。クリックします。これ 414 人に見られている結構たくさん見られてるのかなというところです。[メディアのエンゲージメント]っていうのはこの写真をクリックした人が7人いてリンクをクリックした人が1人いるというところでまあまあまずまずなのかなという判断をしたりします。 Twitter の場合はですねTwitter アナリティクスっていう解析できるツールが別にあるんですけれどもまずこの投稿それぞれにですねどういう効果があったのかっていうのを見ていって頂ければなと思います。フェイスブックの場合どうなるのかっていうのをフェイスブックに移動しますね。フェイスブックはですね、投稿ごとにですね、こうやってインサイト効果を見ることができます。例えばここに[リーチ]っていうのがあるんですけれどもこれはもう何人の人が見たかっていうものになります。ここではですね、リンクを投稿に置いておいてもそのリングがどれだけクリックしたかっていうのがわからないので一つ一つ見ていく形になります。ずっとこの投稿が色々あるんですけれども例えばこの投稿、6,200 人の人が見てくれている投稿なんですがこれどうだったかなっていうのを見るには、ここの投稿のところをクリックします。ここを見るとですね、6,240 人見てて「いいね!」が 144 あってですね、ちょっと下の方に下がりますね。リンクも 468 人 リンクをクリックしてくれているということで誘導が確かにできているな、ということを判断できるわけです。 ここはそのどうやってこれを見るかっていう話ではなくですね何を見るかっていう所を意識してくださいっていうところです。リンクを置いてそっちのサイトに移動させたいのかその投稿そのものを見てもらってコメントとかがたくさん欲しいのかそれに対してどうだったのかっていうのをそれぞれの投稿で見ていただけたらな、というところなのでただ漠然と「いいね!」がたくさんあったな、たくさんの人に届いたなという風に見るんじゃなくてその投稿の目的に合わせてですねどう判断するのかを考えながら、この解析ツールを使って頂ければなと思います。このレッスンでは、ソーシャルメディア解析においてですね目的にあった指標をチェックしていきましょうというお話をさせて頂きました。

中小企業のためのソーシャルメディアマーケティング

FacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアは中小企業にとって少額で自社のビジネスをアピールできる絶好の広告ツールです。このコースではソーシャルメディアごとの特徴を理解したうえで、アカウントの取得方法や投稿の手順、広告出稿の流れや動画や画像の活用方法など、ソーシャルメディアマーケティングを行うさいの基礎的な知識を解説します。

3時間20分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。