Photoshop CC 2018の新機能

ブラシプリセットの機能強化

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、ストローク状態のサムネイルや、ツール設定、カラーを含めた保存といったブラシプリセットの強化ポイントについて解説します。
講師:
03:19

字幕

このレッスンでは、ブラシプリセットの機能強化について解説します。新しいバージョンの Photoshop ではブラシプリセットに関してかなりの機能強化が行われています。では見てみましょう。今[ブラシツール]を選んでいます。ではこのブラシのメニューを開けるとまずここですね、以前はプリセットがこのブラシの先端で表示されていたので、非常にわかりずらかったんですが、今回からこのようにストロークした状態で表示されています。非常にわかりやすくなりましたね。まずこれが1点です。そして新規のブラシを作ったときですね、新規ブラシセットを作ったときにここに[ツール設定を含める]というのが加わりました。ツール設定というのはブラシを選んでいる時のこの部分ですね、不透明度であるとか流量であるとかこういったところもプリセットに入れることができます。またさらにこれをオンにすると[カラーを含める]というのも入りました。例えば今描画色は赤ですね、例えば[不透明度]をこのように設定してこんな感じに描ける状態にしておきましょう。ではこの状態で[新規ブラシプリセット]でツール設定を含めてカラーも含める。これで保存してみましょう。 では1という名前で保存します。では同様に設定を何も変えないままでもう1回[新規ブラシ]プリセットをやってツール設定を含めない状態で2というのを保存しておきましょう。そうするとさっきカラー付きで設定したほうですね、そこにこの赤いのが付いています。また上にブラシのアイコンも付いています。これがブラシのカラーとツール設定ですね、これが保存されていますよという証拠になります。では例えば1回他のものを選んで今他のものになっていますね、描画色も変えておきましょう。この状態で、では先ほどの1番のほうですね、ツール設定とカラーを入れたほうですね、これを選んでみると、ちゃんと保存時とまったく一緒が再現されました。ではまたちょっと別のものを選んで描画色も変えておきます。不透明度も変えておきましょう。違う設定になっている状態で今度は2番のほうですね、こちらを選んでみると、このブラシの形は再現されていますけれど不透明度やカラーですね、ツール設定やカラーは反映されていない状態です。このように保存した時の状態そのものを丸ごとブラシのプリセットとして保存できるようになりました。これですね、特にもうこの使ったままの状態を保存したいという時には非常に役に立つのでぜひとも活用してください。

Photoshop CC 2018の新機能

今回のPhotoshop CC 2018へのアップデートでは、さまざまな機能の新規サポートや拡張が行われました。このコースでは、今回のアップデートで新たに実装されたそれらの新機能や強化された機能などを紹介します。ブラシの機能拡張やVariable fontのサポート、画像の簡単な共有手順や360度カメラで撮影した写真の編集などについて詳しく解説します。

32分 (9 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月18日
アップデート日:2018年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。