Photoshop CC 2018の新機能

ブラシの「滑らかさ」設定

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、ブラシの設定に加わった「滑らかさ」の効果について解説します。
講師:
02:30

字幕

このレッスンでは、ブラシの滑らかさの設定について解説します。新しいバージョンの Photoshop ではブラシに[滑らかさ]というオプションが加わりました。では、まず[滑らかさ]が0の状態で描いてみましょう。フリーハンドで描いてみるとこんな感じですね。マウスの軌道をそのままなぞっているので例えば、ちょっと手が震えてしまうと微妙にカクついたような描画結果になってしまいます。今度はこの[滑らかさ]を一気に 100 にしてみましょう。この状態で同じように描いてみます。すると、今、この丸いところがポインタのところですがそれから線が描かれるのがちょっと遅れているのが分かるでしょうか。実際にマウスが進んでいる位置より少し遅れて描画されて比べていただくと分かるんですが手が描いた軌道よりも滑らかな線が描かれています。ちょっとスピードを上げても同じですね。こんな感じに描いたそのままよりも滑らかさがアップしたような状態になっています。この数値を変えてみるとこの 100% にしたよりは少しカクッとなっていますが完全なフリーハンドよりははるかに滑らかになっています。これで、例えばラフスケッチしたものをなぞって絵を描きたい場合きれいにやりたくてもどうしても多少カクつきが出てしまうのでソリッドな線を描くのは難しかったのですがこれで、ブラシツールでフリーハンドで描いても[滑らかさ]の度合いを上げておけばかなりこのようにきっちりとした線を描くことができます。 以前であれば、ペンツールなどを利用してやっていたような結構ソリッドなものもフリーハンドのブラシツールで簡単に再現できるようになりました。特にきっちりとした感じのイラストを描きたい方非常に作業しやすくなると思うのでぜひ試してみてください。

Photoshop CC 2018の新機能

今回のPhotoshop CC 2018へのアップデートでは、さまざまな機能の新規サポートや拡張が行われました。このコースでは、今回のアップデートで新たに実装されたそれらの新機能や強化された機能などを紹介します。ブラシの機能拡張やVariable fontのサポート、画像の簡単な共有手順や360度カメラで撮影した写真の編集などについて詳しく解説します。

32分 (9 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月18日
アップデート日:2018年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。