Photoshop CC 2018の新機能

画像の共有

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、Photoshopで加工した写真を、直接facebookなどのSNSや他ソフトなどで共有できる機能を解説します。
講師:
02:16

字幕

このレッスンでは、画像の共有に関する機能について解説します。新しいバージョンの Photoshop では様々な方法で簡単に画像を共有できるようになりました。特に最近は Photoshop で加工した写真をSNS に投稿する場面も多いと思います。従来は Photoshop で編集が終わったらそれを JPEG などで保存してそのファイルをブラウザからSNS へ投稿するという回りくどい操作が必要でした。新しいバージョンの Photoshop では[ファイル]メニューの方に[共有]というメニューが加わっています。ではこれを実行します。すると、このような項目が出てきます。細かく見ていくとまず SNS ですね。Twitter や Facebook にじかに投稿することができます。また、Flickr にもじかにアップロードできます。そのような対応がなされています。また Adobe の Creative Cloud のアカウントと同期されたLightroom の写真のライブラリの方にも直接入れることができます。その他、今解説しているのがMac 版ですがMac 固有の写真に追加したりとかまた AirDrop で他の Mac とかiPhone、iPad に送るまたメールやメッセージに添付する、そのようなことがわざわざファイルを作って書き出さなくてもPhotoshop 上からじかに行える機能になっています。 書き出す時も、元の画像の解像度のままにするかそれとも必要十分な解像度に落として共有するかを選ぶことができます。1回ごとにファイルを作ると要らない場合はわざわざそれを捨ててという作業が面倒くさかったのですがこれから Photoshop で加工したものをじかにこうしたもので共有できるという非常に効率的な作業が行えます。ぜひ試してみてください。

Photoshop CC 2018の新機能

今回のPhotoshop CC 2018へのアップデートでは、さまざまな機能の新規サポートや拡張が行われました。このコースでは、今回のアップデートで新たに実装されたそれらの新機能や強化された機能などを紹介します。ブラシの機能拡張やVariable fontのサポート、画像の簡単な共有手順や360度カメラで撮影した写真の編集などについて詳しく解説します。

32分 (9 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月18日
アップデート日:2018年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。