Photoshop CC 2018の新機能

曲線ペンツール

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、連続した滑らかな曲線を簡単に描くことのできる「曲線ペンツール」について解説します。
講師:
03:19

字幕

このレッスンでは、新しく加わった曲線ペンツールについて解説します。新しい Photoshop の中のこの[ペンツール]のカテゴリを長押しして出てくる選択肢の中に[曲線ペンツール]が新しく加わっています。では従来のペンツールと比較してみましょう。まず従来のペンツールを使ってみます。従来のペンツールは、まずアンカーポイントを1個作って次のポイントを作った状態、この状態は直線ですがクリックを放さないままでドラッグするとこのように曲線を描くことができます。このハンドルの調整で曲線のカーブが変化します。そして放して、また次のところをクリックするとこのようにそこから続いた曲線ができるというツールでした。では、新しく加わった[曲線ペンツール]がどう違うか実際にやってみましょう。まず最初の点を打ちます。ここは同じですね。2つ目の点を打つ、点を打った後でドラッグしても従来のペンツールのように曲線になりません。実はこの曲線ペンツールは、この2つ目のポイントはこれから描くカーブの頂点の部分になります。なので、例えばここに設定してそしてクリックを放します。そしてこの状態だと直線が引かれたように見えるのですが3つ目の点を打った段階でこのように先程の1個目のアンカーポイントが始点、2個目が頂点という状態で3個目のアンカーポイントに続く滑らかな曲線を描くことができます。 この状態でドラッグするとこのように始点と頂点は変わらないままで曲線を変えることができます。そして放して、また次のポイントをクリックすると前の点からだけでなくその前のアンカーポイントも考慮された全体が自然な滑らかなカーブになるように描かれていきます。例えばこの描画が終わった後このアンカーポイントを移動させたい時にはダイレクト選択ツールなどに切り替えていたのですがこの曲線ペンツールのままでもこのようにポイントを移動できるのでカーブをかなり自由に変更することができます。このような切り返しのない連続した曲線を描く場合には非常に便利なツールとなっています。実は、これは一足早く Illustrator の方に曲線ツールとして加わったものと同じものです。それが今回から Photoshop の方に曲線ペンツールとして加わりました。従来のペンツールを完全に置き換えるものではないですがこのように一続きに滑らかな曲線を描きたい時には従来のペンツールよりもかなり簡単に線を描くことができます。使い分けると大変便利なのでぜひ試してみてください。

Photoshop CC 2018の新機能

今回のPhotoshop CC 2018へのアップデートでは、さまざまな機能の新規サポートや拡張が行われました。このコースでは、今回のアップデートで新たに実装されたそれらの新機能や強化された機能などを紹介します。ブラシの機能拡張やVariable fontのサポート、画像の簡単な共有手順や360度カメラで撮影した写真の編集などについて詳しく解説します。

32分 (9 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月18日
アップデート日:2018年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。