InDesign CC 2018の新機能

Adobe Stockのテンプレートについて

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、Adobe Stockのテンプレートを使う方法について解説します。
講師:
04:08

字幕

このレッスンでは、Adobe Stock のテンプレートを使う方法について解説します。InDesign で新規作成の命令を出しますとご覧のような新規ドキュメントダイアログが表示されます。この中の[印刷]、[Web][モバイル]といったドキュメントプロファイルを選択しますと印刷の場合には下側にテンプレートとして日本語の無料のテンプレートファイルが25 個表示されていますプロのデザイナーの手によるもので非常に品質の高いものが表示されていますが、これらはAdobe Stock のテンプレートファイルのリストになっているんです。プレビューで表示されているので非常にわかりやすいですね。また Web の場合には全部で6つ。この中にはウェブの画面デザインを始めとしてデジタルサイネージ用のタイプのものもいくつかあるんです。そして[モバイル]に切り替えますとiPad 等のタブレット端末における縦組レイアウト用のテンプレートが用意されています。今回は[印刷]というところを見てみましょう。すでに使ってストックしてあるこれは Adobe Stock のサイトからこれらのテンプレートをダウンロードしてすぐに使えるようになっている場合にはご覧のようにチェックマークが表示されます。 まだダウンロードをしてなくってそしてすぐに使えるような状態ではないそういう場合には、チェックマークが付いていないんです。ここで仮に縦組のシンプルな書籍用のテンプレートを選びそうしますとこの部分を選ぶことによって右側には[プレビューを表示]というのが出てまいります。説明も出ていますね。ここで[プレビューを表示]にしてみますとどのようなレイアウトのデータであるのかどんなテンプレートであるのかがわかります。すでに柱やノンブルの設定もされています。組版設定も同様ですね。これを使いたいと思った場合には[ダウンロード]ボタンをクリックします。このダウンロードによってAdobe Stock テンプレートのライセンスを取得し、データをダウンロードしすぐに InDesign で使えるようになります。使えるようになりますと[ダウンロード]ボタンは[開く]ボタンに変わります。[開く]ボタンをクリックしますと選んだテンプレートファイルに基づいたドキュメントというのがご覧のようにページパネルの方でも全部で 12 ページ分のドキュメントとして表示され柱、ノンブルなどはマスターページにすでに設定がなされており、さらに段落スタイル等につきましても主要な段落スタイルが登録済みなんです。 すぐにテキストデータの流し込みを行い制作をすることができるわけです。また新たにこれらのテンプレートを利用したい、という時には[CC ライブラリ]というパネルを表示しましょう。そうしますと自動的にAdobe Stock の中のテンプレートファイルを使った場合にはダウンロードした場合にはご覧のような Stockテンプレートというライブラリができあがります。こちらの方をポップアップで選ぶとここで既にダウンロード済みのものが出てまいりますので必要なものをダブルクリックすることでまた新たなドキュメントとしてそのテンプレートに基づいたドキュメントが表示されるようになります。中のテキストデータの差し替えで済むようなシンプルな書籍の判型、版面といったものであったりまたレイアウトといった場合にはこのようなテンプレートファイルを活用してみるといいでしょう。このレッスンでは、Adobe Stock のテンプレートを使う方法について解説しました。

InDesign CC 2018の新機能

Adobe InDesignは実務レベルのプロに支持されている高機能なページレイアウトソフトです。このInDesignがさらに機能を拡張して新たにリリースされました。このコースではInDesign CCで拡張された新機能を紹介します。新しくなった新規ドキュメント作成画面やフォントフィルター機能、新たに追加された段落囲み罫線機能や文末脚注機能などを解説します。

1時間01分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月17日
アップデート日:2018年03月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。