InDesign CC 2018の新機能

文末脚注機能を使う

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、新しく追加された文末脚注機能について解説します。
講師:
06:42

字幕

このレッスンでは、新しく追加された文末脚注機能について解説します。InDesign にはこれまで脚注という機能がありました。本文中の文字列を選択しその文字列に対する脚注設定をしますとそのページの末尾の所に説明文等を表現することができたわけです。新たに追加された文末脚注というのはその名の通り、文末ドキュメントの最後にこれらの説明文の部分をまとめて表現するという機能です。それでは設定方法について見てみましょう。本文中の文字列をまず選びます。今回は[Adobe Stock]という部分を選びましたがこのように選んだ後書式メニューを開けますと[文末脚注を挿入]というコマンドが増えています。このコマンドを選んでみますとドキュメントの最終ページの所にカーソルがジャンプしました。ここで該当する文字列等を入力します。そしてこの番号付けであったりですとかまた、この文末脚注部分の書式設定等は該当する段落スタイルを適用することができます。そして、さらにこの文末脚注にカーソルがある状態ですと[書式]メニューから[文末脚注参照に移動]という命令が選べるようになります。元の位置にカーソルがジャンプしたわけですがここで[書式]メニュー[ドキュメント文末脚注オプション]を選んでみますとご覧のように文末脚注に関する細かい設定ができるようになっています。 現在の大元の本文中の文字列に対しては番号付けの設定ができます。この番号付けの設定におきましては、リストの中から選ぶことができるわけですけれども選んで[プレビュー]のチェックをオン、オフしますとどのように変わったか、がわかるようになっています。この他[プレフッィクス/サフィックス]としまして[表示方法]でこの[参照と文字列の両方]や参照というのを追加した状態で表現したい、としますとプレフッィクスは番号付けの指定してある符号の前にまたサフィックスというのは後ろに表現するものです。通常の脚注と区別したいという時などにも使えますしその符号のつけ方というのを内容に応じて切り替えるという場合にも設定することができるかと思います。このような本文中の文字列部分に対する番号付けプレフッィクス、サフィックスの設定の他文末脚注部分に対する設定がありますので文末脚注部分を表示して確認してみましょう。このように参照サイトとして出ていますけれども書式設定が各行ごとに少し異なっている部分もあります。これらはこの部分で設定するのではなく[書式]メニュー、[ドキュメント文末脚注オプション]という命令の中で設定ができます。 例えば[参照サイト]というこのタイトル部分はこの文末脚注オプション部分で設定ができるようになっていますので参照サイトではなく参照 URL として今一度[プレビュー]のチェックをオン、オフしますと連動して文字列が変わりました。またこの部分の書式につきましてあらかじめ段落スタイル等を登録しておきますとご覧のように変更することもできます。これは文末脚注のこの文字の所も同様です。文字の部分も選択を変更するということができるようになっています。またこの[文末脚注のフォーマット]のところでは番号付けの指定をしてあるここでは[01]の後ろここでは現在全角のスペースが入るような設定になっていますがその他のスペースの幅であったりですとかまたタブなど組み合わせることができます。これらを重ね合わせることもできるようになっているんですけれどもこのような表現の方法についても[文末脚注オプション]とそれぞれ連動した形で設定ができるようになっていますので数百ページともなる技術書や実用書といったものの場合には非常に便利です。そして設定におきましてこの[配置オプション]という所ではドキュメントの末尾のページにこれをまとめて表現したいのかそれとも章などのストーリー単位で指定したいのかという指示が出せるようになっています。 [文末脚注オプション]の画面では本文中の符号および文末脚注部分のフォーマット等の設定ができるようになっているんです。さらにこの文末脚注オプションの機能が追加されたことによりWord のドキュメントの中の文末脚注も正しくマッチングさせることができるようになりました。これまでですと[ファイル]メニュー[配置]そして Word のドキュメントを配置するとしまして[読み込みオプションを表示]のチェックをしておきますと[開く]とした時にドキュメントのうちWord 内の[目次テキスト]、[索引テキスト][脚注]、[文末脚注]をそのまま活かした形で InDesign に取り込むか、という指定ができました。これまで InDesign にはこの[文末脚注]の機能が無かったためそのまま再現させることはできず本文と同じ扱いになってしまっていたんです。脚注の機能はそのまま活かすことができたんですがこのような[文末脚注]Word 側の設定をしたものもそのまま InDesign に取り込みInDesign 側でも文末脚注として扱うことができるようになりました。このレッスンでは、新しく追加された文末脚注機能について解説しました。

InDesign CC 2018の新機能

Adobe InDesignは実務レベルのプロに支持されている高機能なページレイアウトソフトです。このInDesignがさらに機能を拡張して新たにリリースされました。このコースではInDesign CCで拡張された新機能を紹介します。新しくなった新規ドキュメント作成画面やフォントフィルター機能、新たに追加された段落囲み罫線機能や文末脚注機能などを解説します。

1時間01分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月17日
アップデート日:2018年03月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。