Photoshopで写真入りグッズを作ってみよう!

料理の写真を開いておいしそうに見せる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レシピカード用の料理の写真を開き、明るく色鮮く補正をします。周りを思い切ってトリミングして仕上げます。
講師:
03:07

字幕

レシピカード用の料理の写真を開き明るく色を鮮やかに補正します。周りを思い切ってトリミングしてこの様に仕上げていきます。ここではこの様なパンの写真を使用します。ただこのままでは露光が不足していて全体的に暗くぼんやりしていておいしそうに見えません。料理は室内で撮影することが多いのでどうしても暗くなりがちです。そこでこの様な暗い料理を明るく鮮やかにしておいしそうに仕上げます。「イメージ」メニューの「色調補正」から「トーンカーブ」を選びます。左下から右上に伸びる線の中央を上にドラッグするとこの様に明るくなります。ポイントを複数追加してなだらかな曲線になるように明るくした所でOK をクリックします。次に明るくしたことで白く淡いイメージになっているので鮮やかさを強めます。「イメージ」メニューの「色調補正」から「自然な彩度」を選びます。ここでは「彩度」を 30 に高めてOK をクリックします。明るく鮮やかでおいしそうに見えてきました。更にここでは中央のパンに注目させたいので写真の上下を少し切り落とします。切り抜きツールを選びます。オプションバーで比率を「4:5」を選びます。すると自動的に枠の比率が’決まりますのでこの枠の中に見せたい部分が収まるように枠の角をドラッグして伸縮させて更に写真をドラッグして位置を調整します。 角をドラッグしてこの様に縮小して画像を直接ドラッグして位置を調整します。構図が整ったらオプションバーの確定ボタンをクリックします。これで切り抜きが完成しました。この様に料理の写真は明るくすることに加えて鮮やかさも増すことでおいしそうに見せることができます。また、料理の見せたい部分に注目させるためにも思い切ってトリミングすることもポイントです。

Photoshopで写真入りグッズを作ってみよう!

このコースではお気に入りの写真を使ってFacebook用のオリジナルカバー写真を作ったり、オリジナルデザインのポストカードや料理のレシピを作ったり、写真入りの自分の名刺を作ったりします。パソコンのモニター上で見てもらうだけでなく実際にプリントアウトして、自分の作品を楽しく作りましょう!

1時間06分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年07月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。