Photoshopで写真入りグッズを作ってみよう!

レシピを入力しよう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ポストカード大の画像に、レシピを入力します。できあがったレシピカードを保存するまでを解説します。
講師:
04:42

字幕

ポストカード大の画像にレシピを入力してこのように枠を加えて完成させます。出来上がったレシピカードを保存するまで解説します。レシピを入力します。直接入力してもいいのですがここでは、予めテキストエディタで入力しておいたテキストをコピーして横書き文字ツールを使って貼り付けます。写真とのバランスを見ながらレイアウトを調整します。最初にレシピのタイトルを入力します。レシピのタイトル部分をコピーして横書き文字ツールを選びオプションバーでフォントをここでは小塚ゴシックpro を選びます。フォントのスタイルは少し太めのM を選びます。テキストのサイズはここでは 18 を選びます。文字の揃えは「中央揃え」を選び文字のカラーは白に設定します。これで画像の上の中央あたりをクリックします。カーソルが点滅して入力可能な状態になります。ここにテキストをペーストします。文字の外側をドラッグして位置を調整します。調整が終わったら、オプションバーの確定をクリックします。これでタイトルが出来上がりました。次はレシピを段落テキストで入力していきます。先ほどのレシピから材料と作り方をコピーして今度はそのレシピを入力したい範囲をこのようにおおまかにドラッグします。 オプションバーでフォントのサイズを変更します。ここでは、7に設定して文字の揃えは「左揃え」に変更します。文字の色は黒に変更します。OK をクリックします。先ほどコピーしておいたレシピのテキストをペーストします。テキストを囲む枠をドラッグして表示させる位置を調整します。調整が終わったら、確定ボタンをクリックします。仕上げにレシピカードの周りに白い枠を加えましょう。今度はツールボックスで角丸長方形ツールを選びます。オプションバーで塗りをなしにします。ストロークは白を選びます。シェープのストロークの幅は3に設定します。角丸の半径はここでは40ピクセルに変更します。この状態で画像の縁の少し内側をドラッグして囲みます。このように白い枠が追加されました。これでレシピカードのデザインが完成しました。この画像はファイルメニューの「別名で保存」を選びファイル名を入力して保存する場所を指定してフォーマットは Photoshop を選びます。保存をクリックします。OK をクリックします。これで後からの再編集も可能です。テキストや枠線もベクターという数式によってなめらかに処理される形式なので後からでも自由に編集できるのが特徴です。

Photoshopで写真入りグッズを作ってみよう!

このコースではお気に入りの写真を使ってFacebook用のオリジナルカバー写真を作ったり、オリジナルデザインのポストカードや料理のレシピを作ったり、写真入りの自分の名刺を作ったりします。パソコンのモニター上で見てもらうだけでなく実際にプリントアウトして、自分の作品を楽しく作りましょう!

1時間06分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年07月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。