Photoshopで写真入りグッズを作ってみよう!

明るさと鮮やかさを補正する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ビンの中に入れる写真を開き、明るさと鮮やかさを調整します。
講師:
02:09

字幕

ビンの中に入れる写真を開き明るさと鮮やかさを調整しましょう。ここでは、この様な雪だるまの写真を切り抜きますが背景の雪景色が明るすぎるため手前の雪だるまが沈んでしまっています。そこで、この雪だるまの明るさと鮮やかさを強調して見栄えをアップさせます。最初に明るくしていきます。「イメージ」>「色調補正」>「トーンカーブ」を選びます。左下から右上に伸びる明るさを調整する線の中央を上にドラッグしていくとこの様に明るくなります。トーンカーブが柔軟に曲線化しますので白くなりすぎない程度に調整します。特に雪だるまの形と雪景色が同化しない程度に明るくするのがポイントです。OK をクリックします。明るくすることで色が淡くなるという傾向がありますのでここで鮮やかさを加えます。「イメージ」>「色調補正」>「色相・彩度」を選びます。「彩度」を 40 から 50 の間に設定すると雪だるまの帽子やボタンの色が鮮やかになります。色がどぎつくならない程度に設定をしてOK をクリックします。これでビンの中に入れる写真を明るく鮮やかにすることができました。この様に、切り抜く前に写真の明るさと鮮やかさを調整しておくことで他の写真に貼り付けた後で明るさや鮮やかさを調整する手間もなくスムーズに合成ができます。

Photoshopで写真入りグッズを作ってみよう!

このコースではお気に入りの写真を使ってFacebook用のオリジナルカバー写真を作ったり、オリジナルデザインのポストカードや料理のレシピを作ったり、写真入りの自分の名刺を作ったりします。パソコンのモニター上で見てもらうだけでなく実際にプリントアウトして、自分の作品を楽しく作りましょう!

1時間06分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年07月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。