C 基本講座

C言語のプログラムスタイルについて

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、C言語のプログラムスタイルとコメントの記述方法について説明します。
講師:
05:18

字幕

このレッスンでは C 言語のプログラムスタイルとコメントの記述方法について説明します。これは C 言語で記述したソースコードの一例です。保存して、ビルドして実行するとこのように「hello, world」と表示します。11 行目の printf は画面に文字列を表示する標準ライブラリ関数です。printf("hello, world¥n") の部分で画面に「hello, world」と表示しています。この例のように文の終わりにはセミコロンを記述します。C 言語のプログラムは関数の集まりで最低でも main 関数が必要です。9行目のint main(void) から波括弧で囲まれた部分がmain 関数です。main 関数は必ずこの名前でなければいけません。OS は C 言語のプログラムを実行する時にはこの main 関数をまず最初に呼び出します。9行目の最初の int はmain 関数の返却値型でプログラムが終了する時にOS に返却する値がint 型であることを示します。int は整数を表す型です。13 行目の return 0 の部分で OS に正常終了を意味する0 を返却していますが、この 0 は整数なのでmain の前に int を書きます。 この丸括弧の中の void はオペレーティングシステムがmain 関数を呼び出す時に何も渡す値はないということを意味します。この渡す値を引数を呼びますが、引数がある場合にはこの丸括弧の中に引数型と引数名を書きます。関数を呼び出す場合には11 行目のように丸括弧の中に引数を記述します。printf の場合には引数で渡された文字列を表示するのでhello, world¥n を渡しています。この ¥n は改行を表すエスケープシーケンスです。¥ と \ は同じ文字コードなので開発環境によっては¥ を \ で表示する場合がありますのでご了解ください。C 言語では # から始まる行はプリプロセッサー司令です。コンパイルの前処理を行います。7行目の #include <stdio.h はstdio.h ファイルをこの部分に取り込んでいます。stdio.h は printf を使用するための宣言が記述されています。stdio.h をプログラムに挿入し、hello.c と一緒にコンパイルしているのです。この /* から*/ で囲まれた部分はコメントです。C 言語のコメントには/* と*/ で囲んだブロックコメントと// から始まる行コメントの2種類があります。 ブロックコメントはこの例のように複数の行にまたがってコメントすることができます。行コメントは // の後がコメントになります。もともと C 言語のコメントは/* と*/ で囲んだブロックコメントだけでしたが1999 年に制定された C99 から// から始まる行コメントもサポートされました。例えば...と記述すれば1行分コメントになります。また...このように書けば// 以降がコメントになります。尚、ブロックコメントの/* から*/ の間にブロックコメントを入れることはできませんから注意してください。ただしブロッックコメントの中に行コメントを入れることはできます。コメントはコンパイルの翻訳から外れますので自由に記述することができます。あまり多いとソースコードが読みにくくなりますのである程度のまとまりでソースコードの解説を入れていくと良いでしょう。このレッスンでは C 言語のプログラムスタイルとコメントの記述方法について説明しました。

C 基本講座

C言語はUNIXというOSを記述するために開発されたプログラミング言語で、組み込みシステムの開発を中心に今も使われています。このコースでは簡単なプログラムを作成しながら、C言語の基本的な文法を学びます。データ型や制御文などの基礎的な文法からポインタや構造体といったC言語の特徴的な内容まで幅広く取り上げます。よく使われる標準ライブラリ関数も数多く紹介します。

5時間45分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年11月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。