C 基本講座

定数の種類と接尾語について

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、C言語の定数と定数型を明示する接尾語について説明します。
講師:
05:48

字幕

このレッスンでは C 言語の定数と定数型を明示する接尾語について説明します。定数とはプログラムの実行中に変更されない値のことであり、具体的にこの表のように分類できます。整数定数には8進、10 進、16 進の3種類があります。2進定数は標準のC 言語には用意されていません。浮動小数点定数には10 進と 16 進の2種類があります。8進整数定数は0から始まります。10 進整数定数の先頭に0をつけると8進定数と解釈されるので注意してください。例えば 0144 は1×8の2乗+4×8の1乗+4×8の0乗で10 進数の 100 と同じことになります。10 進整数定数は0でない数字から始まります。これは一般的に用いられる整数の表記方法です。16 進整数定数は先頭に小文字の 0x、または大文字の 0X をつけます。0から9の数字とA から F のアルファベットを使います。アルファベットは大文字でも小文字でも構いません。例えば 0x2D4 は2×16 の2乗+13×16 の1乗+4×16 の0乗で10 進数の 724 と同じことになります。10 進浮動小数点定数は通常の小数点をつける書き方と指数形式で書く方法があります。 指数形式のほうは指数文字の小文字の e、または大文字の E をつけます。例えば 1,23e-12 は1.23×10 の −12 乗と同じことになります。16 進浮動小数点定数はC99 で導入されました。コンピューターは内部的に数を2進数で扱うため10 進浮動小数点定数の多くは2進数に変換する際に誤差を生じます。けれども 16 進数は2進数に変換するときに誤差を生じません。そのため精度を厳密に制御したい場合に利用できます。表記方法は小文字の 0xまたは大文字の 0X で始まる 16 進数で小数点を含めることができます。小数の後ろに指数部を書きます。指数部は小文字の p、または大文字の P で始まり2のべき乗を10 進数で書きます。指数部は省略できません。指数部がないときにはp0 と書きます。例えば 0xa3.f2p-10 は10×16 の1乗+3×16 の0乗+15×16 の −1 乗+2× 16 の −2 乗×2の 10 乗を表しています。文字定数はシングルクォテーションで囲んで記述します。シングルクォテーションで囲んだ A やシングルクォテーションで囲んだ X のように半角1文字を書いてください。 文字列は定数ではなく文字列リテラルと呼びます。定数は値を変えることができませんが文字列リテラルはポインターという仕組みを使うと値を変更することができるので文字列リテラルと呼びます。ダブルクォーテーションで囲んだ ABC やダブルクォーテーションで囲んだ computer のようにダブルクォーテーションで囲んで記述します。ダブルクォーテーションで囲めば何も文字を書かなくても文字列リテラルになります。これは空文字列、あるいはnull 文字列と呼ばれます。整数定数をそのまま記述した場合にはint 型と解釈されます。そして整数定数をそのまま記述した場合にはint 型と解釈されます。そして整数定数が int 型のサイズを越えた場合にはint 型から unsigned int 型、long 型、unsigned long 型へと自動的に変換されます。一方、浮動小数点型の場合はそのまま記述するとdouble 型と解釈されます。しかし、接尾語をつけることで定数の型を明示することができます。整数定数の場合には大文字か小文字の U をつけるとunsigned int 型、小文字か大文字の L をつけるとlong 型になります。 この U と L は同時につけることもできます。その場合、順序はどちらが前でも構いません。大文字か小文字の LL をつけるとlong long 型になります。浮動小数点定数の場合には大文字か小文字の F をつけるとfloat 型になります。また、大文字か小文字の L をつけるとlong double 型になります。尚、L は大文字でも小文字でも構わないのですが小文字は1と区別しづらいので大文字にしたほうがいいでしょう。このレッスンでは C 言語の定数と定数型を明示する接尾語について説明しました。

C 基本講座

C言語はUNIXというOSを記述するために開発されたプログラミング言語で、組み込みシステムの開発を中心に今も使われています。このコースでは簡単なプログラムを作成しながら、C言語の基本的な文法を学びます。データ型や制御文などの基礎的な文法からポインタや構造体といったC言語の特徴的な内容まで幅広く取り上げます。よく使われる標準ライブラリ関数も数多く紹介します。

5時間45分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年11月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。