Photoshopをさらに使いこなす!

ワークスペースの変更

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Bridgeは自分の使いやすいウィンドウにすることが大切です。画像をたくさん見るとき、ふたつの画像を見比べるとき、それぞれに適したワークスペースの変更方法を見ていきます。
講師:
05:22

字幕

Adobe Bridge はより良い写真を見つけるのに非常に便利ツールです。自分の用途に合わせてワークスペースを変える方法を実践してみましょう。まずはこちら、「コンテンツ」の所から「デスクトップ」>「photo」など自分の写真が見たい所を開いておきましょう。ワークスペースは、この画面の右上、黄色い文字の所で変更ができます。今は黄色の枠に黒い文字で初期設定となっています。「フィルムストリップ」こちらを押してみるとこの様に上部が大きいプレビュー画面で下に内容物がサムネールとして一覧でなります。この様に大きく写真を見たい時はこの「フィルムストリップ」を使うと良いでしょう。次に「メタデータ」です。いろんな写真があるけれど一番最近撮ったもので探したいとか容量が少ないものとかそういった時にはこちらが役に立ちます。「レーティング」「ラベル」「キーワード」など、設定された様々な情報が見ることが出来るので写真がどのような環境で撮られて「解像度」がどんな風になってるか「カラープロファイル」は合っているかそういった確認にも使えますね。次に「キーワード」こちらはサムネールとともに写真の詳細情報を見る形になっています。 この写真はいつに撮られて種類は何、カラープロファイル先程はメタデータだけで見ていましたがこの様にサムネールとともに見れるというのもまた嬉しい点ですね。大きく「フィルムストリップ」「メタデータ」「キーワード」と紹介していきましたが他のものも、ここにたくさんあります。あとは紹介していない「プレビュー」ここですね。ここにでてこないですがこの右の矢印をクリックするとでてきます。ちなみにここにショートカットキーも設定されてありますので頻繁に使う方はを見てみましょう。「プレビュー」は「フィルムストリップ」と異なり左側にコンテンツがでて右側にその写真たちがでてくるという形になっています。更に「ライトテーブル」こちらはコンテンツだけで見れるシンプルなものです。画像が沢山あるケースなんかはこちらが便利でしょう。あとは「フォルダー」「フォルダー」は、こちら左側にパネルが用意されて今どこの写真を見ているのかというのがわかります。この様にあるのですが、あとは右下の所ですね。こちらを細かく変更していったりするとそれぞれ、例えば「フィルムストリップ」これ便利なんだけど、もうちょっとサムネールが大きい方が良いなとか逆に枠がちゃんとあった方が見やすいよ、という時はこの右下「クリックして、サムネールグリッドをロック」というのを押すとサムネールのグリッドが表示されます。 もう1回押すと非表示になります。次、右側にはコンテンツのサムネ―ルを表示ということでサムネールの表示させる形式を変えることもできます。この様にクリックして対象の今プレビューで開いている写真がどのようなメタデータなのかを見たい時など細かく切り替えることができます。ただこんなにウィンドウがあったらごちゃごちゃしてわかりづらいもっと写真を大きくみたいという時はこれらのウィンドウを好きに入れ替えることもできます。この様にタブとして扱うこともできますし上に並べることもできす。コツはこの「コンテンツ」というタブをドラッグしていろんな所に持っていくんですね。そうすると青いバーなど枠が入りここに入りますよと見せてくれます。これを移動することで様々なウィンドウが作れます。縦に見せるもよし横に見せるもよしいろんな形でできるので試してみましょう。またこういった自分はあまり使わないなというパネルも幾つか存在しています。これはマウスの右クリックで「フィルターを閉じる」とすると全部閉じて画面を広くすることができます。こちらも「コレクションを閉じる」やっぱりもう1回だしたいなという時はメニューの「ウィンドウ」からクリックして表示させましょう。 「ウィンドウ」>「コレクション」こちらに追加されました。「キーワード」が右側位置を調整したい時は先程と同様に「コレクション」をドラッグして下に持っていく。「キーワード」もドラッグして青い枠が入る所に並べる。この様にすることで自分の思い通りにウィンドウを作ることができます。このレッスンでは Bridge のワークスペースの変更の仕方を紹介しました。

Photoshopをさらに使いこなす!

このコースではPhotoshop用のエクステンションや連携可能な他のソフトなどを活用して、普段の作業をよりいっそう便利にする方法を紹介します。BridgeやCamera Rawフィルターを素材の整理や補正に利用したり、CanLinkItやdevRocket、speccterなどのエクステンションを活用した業務の効率化について解説します。

2時間01分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年05月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。