Photoshopをさらに使いこなす!

手軽に補正

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Rawファイルを現像しながら同時に補正も行っていきましょう。このセッションでは特に良く使う項目について解説していきます。
講師:
05:24

字幕

最近はデジタルカメラでも RAW データが用意されるようになりました。Photoshop で現像してそのついでに補正することも可能です。早速やり方を学んでみましょう。このように用意されている RAW データをPhotoshop で開きます。Photoshop で開いた筈なのに別のウィンドウになっています。これは現像用に Photoshop で内蔵されているプラグインのCamera Raw というものです。こちらのソフトで現像をこれから行っていきます。補正に関してここの右側のパネルを使っていきます。基本補正、一番左ここがタブになっておりトーンカーブやディテールグレースケールなど様々な種類があります。勿論 Photoshop 今までのここのイメージというものでも同じようにトーンカーブなどはあるんですがCamera Raw でやる意義とは何でしょう。一番ありがたいのはいつでもやり直しができるということです。例えば露光量をこんな風に明るくして保存してしまったという事があるとします。Photoshop のデータ JPEG とかを保存してしまったら元のデータはなくなってしまいます。ですが、RAW データはこのように無茶な補正をしたとしても画像ファイルとは別の XMP ファイルというような補正の情報をテキストで保管して、それを写真に対して適用しているだけなので元の写真自体は破壊されずに何度でも補正をやり直すことができるんです。 ですので、最近なるべく写真はRAW データで貰い補正をこちらの Camera Raw で行うことによって元データが例えば間違った補正をしてしまっても大丈夫、いつでもやり直せるという風にできるようになりました。では補正の仕方を見ていきましょう。初心者の方にお勧めしたいのはここ一番上の「ターゲット調整ツール」を使うことです。これを長押しするとこのようにメニューが出てきます。色をもっと鮮やかにしたい時この「彩度」を選びましょう。ここで鮮やかにしたい所この空の色に関してマウスを合わせてドラッグで上の方に持っていくと空が青くなってきます。逆に下に持っていくと空がグレーになっていきます。曇りのような雰囲気を出したい時はこっちが OK ですね。今回は空を青めにしたいので少し上に持っていきます。これで青くなりました。右側のプレビューのチェックを外すと前の色・今の色というのが分かります。ここは非常に簡単でいいですよね。「彩度」他の所、例えばこの建物の色を鮮やかにしたいとなったら上に。もっと淡くしたいあとは灰色にしたい色味を無くしたいという時は下に持っていきましょう。ここでは色々なコントラストにしたいので空の鮮やかさを引き立てるように建物の色を薄くしてみましょう。 全体的にだんだん薄くなってきたと思います。グレー、グレーそうすると同じような色ここを設定していたはずなのにここも全体的に色味が薄くなってきていますよね。こうやって見るととてもよくわかると思います。この人物のオレンジ色のバッグがこのようにくすんだ茶色に見えました。ここら辺も赤味だけ上げたい時は赤い所をドラッグしていくと変わっていきます。この右側、HLS というタブの「レッド」が一緒に動いていることが分かります。このように色彩を調整することができます。このような形で補正をし画像を開くで確定させることができます。これが現像されたファイルになります。これを保存してみましょう。「ファイル」>「保存」そうすると PSD データとして用意されます。保存をしてみますね。では実際にどのようなファイル構成になるのでしょうか。先程私が保存したファイルがこれになります。そしてこれが元データです。先程言ったようにテキストファイルができています。いっぱい文字が入っています。これが補正した情報をとっていくものなのです。なので、この RAW 画像をもう一回開くと設定が保管されたままになっています。やっぱりここの色をもっと鮮やかにするべきだったという時も同じように作業することでいつでも巻き戻れる、これが RAW 画像の良いところです。 補正に関しても様々な形で色々なバリエーションを作ることができるようになっています。本レッスンでは Camera Raw での現像、そして簡単な補正を学びました。

Photoshopをさらに使いこなす!

このコースではPhotoshop用のエクステンションや連携可能な他のソフトなどを活用して、普段の作業をよりいっそう便利にする方法を紹介します。BridgeやCamera Rawフィルターを素材の整理や補正に利用したり、CanLinkItやdevRocket、speccterなどのエクステンションを活用した業務の効率化について解説します。

2時間01分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年05月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。