Photoshopをさらに使いこなす!

CanLinkItを利用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshop CCでなくてもPhotoshopファイル内部に配置されたスマートフォブジェクトを一括で変更することが可能です。CanLinkItというエクステンションを使ってみましょう。
講師:
07:30

字幕

Photoshop CC 以前のバージョンでもスマートオブジェクトを複数ファイルでリンクをしたい場合エクステンションをインストールする事で可能になります。このように同じような見た目で複数ファイルで利用している場合手作業で何度も変えるのは面倒くさいです。そういったときに1つのファイルを作ってそれを更新する事でそれを利用しているファイルが全部一気に変わるっていうのは非常に便利ですよね。まずは、エクステンションのインストールが必要になります。エクステンションとはPhotoshop を拡張するプラグインのような物のことです。Adobe が提供する以外に一般のユーザーさんが作った物をインストールして Photoshop を拡張することができます。Photoshop の拡張、エクステンションのインストールにはまずPhotoshop を終了しておくことが必要です。エクステンション名はこちら。CanLinkIt.com ですのでアクセスがしやすいですね。左側の Download をクリックすることで自動的にエクステンションのダウンロードが始まります。ダウンロードが完了するとページがこのように切り替わりインストールの方法など使い方を見ることができます。 では、インストールしたものを起動してみましょう。CanLinkIt.zxp こちらをダブルクリックします。そうすると、Adobe Extension Manager というのが起動します。今、私が使っているバージョンはCC なので、後ろにCC がついていますがそれ以前のバージョンでも同様の物があります。もし、この Extension Manager がインストールされていませんなどと警告が出るようであればこちらも Adobe の公式サイトからダウンロードしておいてください。無償ですので安心してくださいね。そして、起動が完了するとこのように注意事項など利用規約、説明などが表示されます。しっかり、読んで承諾するのボタンを押しましょう。こちら誰が作ったか証明書が用意されていませんよ、署名がされていませんよ本当にいいですかとあります。こちらは自己責任になってしまいます。なるべく、いろんな人が既に使っているという報告が上がっているものを使うと安心ですね。これは既に私も使っていて安心しているのでインストールのボタンを押します。こちらでインストールが完了しました。Photoshop を起動するとこの CanLinkIt がExtension に追加されています。 では、Extension Manager を終了してPhotoshop を起動してみましょう。Photoshop が起動しました。では、さっそくインストールされているか試してみたいと思います。メニューの「ウィンドウ」>「エクステンション」にマウスを合わせてください。右側にインストールされているエクステンションの中に先程インストールしたCanLinkIt が見える筈です。パネルとして追加されるのでクリックするとこの様に表示されます。To start you must open a document.と書いてありますね。ドキュメントを開いてくれと言っているようです。このように今回、差し替えたいファイルを開いておきました。このランチ MAP 、お皿のマークがあるところが全ページで共通して使うものなのでそれが差し替わると幸せですね。まずは、このロゴの部分、ここを差し替えたいと思います。ここをまず右クリック。「スマートオブジェクトに変換」しましょう。レイヤーのフォルダーマークが変わりました。これがスマートオブジェクトになったという印になります。ダブルクリックしてOK を押すとこのようにスマートオブジェクトにしたところだけが別ファイルとして開かれましたね。 この透明部分は不要ですのでメニューから「イメージ」>「トリミング」「透明ピクセル」でOK を押して不要な部分を取り除いておきましょう。そして、「ファイル」>「別名で保存」で分かりやすい所に保存しておきます。名前を付けて保存。今回は logo2 にしました。これで準備が OK です。次に連携したいところ、今回はこのロゴのところですねここに先程保存したlogo2.psb を入れたいと思います。CanLinkIt のパネルを選択してNew Link こちらで先程保存をしたlogo2.psb を開きます。そうすると、logo2 というレイヤーが追加されましたね。logo 、こちらは私がさっきスマートオブジェクトに変換したものです。もう、これはいりません。削除しちゃいましょう。logo2 、これをレイヤーとしてちゃんと位置を合わせます。同様に sp_02 、03 も作業をしておきます。不要な logo というのを削除してCanLinkIt 、New Linklogo2.psb を開く。そして、レイアウトする。こちらも同じです。logo を削除。CanLinkIt のパネルをクリック。New Link、logo2.psb 、開く。 そして、位置を合わせる。あとはこれを保存しておけば大丈夫。では、試しに元となるlogo2.psb を編集して他の3つのファイルが差し替わるか見てみましょう。「ウィンドウ」>「アレンジ」>「すべてを左右に並べる」とするとこのように全部のファイルを見渡しやすくなります。こうしておきましょう。では、ランチ MAP のlogo2.psb のデータを差し替えます。例えばこのタイトルを非表示にしてみましょう。これで保存をすると今、保存ができましたね。それぞれの要素に対してCanLinkIt からUpdate を押します。この様に差し替わります。こちらのファイルもCanLinkIt からUpdate をクリック。こちらも同様に、これで差し替わりました。手作業でいちいち作業することを考えるとこのファイル毎にワンクリックが必要なものの人間の手が入ることによって生じるミスを防げるので非常に便利ですね。これで同じ見た目のものを簡単に差し替えることができました。

Photoshopをさらに使いこなす!

このコースではPhotoshop用のエクステンションや連携可能な他のソフトなどを活用して、普段の作業をよりいっそう便利にする方法を紹介します。BridgeやCamera Rawフィルターを素材の整理や補正に利用したり、CanLinkItやdevRocket、speccterなどのエクステンションを活用した業務の効率化について解説します。

2時間01分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年05月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。