Photoshopをさらに使いこなす!

devRocketを利用してスマートフォン用モックアップを作る

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopの有償エクステンション devRocketはスマートフォンサイトやアプリ制作を便利にしてくれるものです。これを利用して、いちから作る手間を省きましょう。
講師:
02:58

字幕

Photoshop でスマートフォンのウェブサイトやアプリケーションを作る時デバイスのモックアップがあるとはかどります。Photoshop エクステンションのDevRocket を使ってモックアップを簡単に用意しましょう。こちらがエクステンションDevRocket のサイトです。devrovket.uiparade.com です。有償ではありますが、価格は大体 19 ドル、日本円で二千円ちょっとと言う感じですね。二千円かと思ってしまうかもしれませんがそれを補って余りあるほど便利なので、ぜひ購入することを検討してみてください。ダウンロードできたらファイルがこのようになっています。DevRocket.zxp、これがインストールするパッケージですね。インストールマニュアル、説明書も付いています。この zxp をダブルクリックすると、エクステンションマネージャーが起動しこのようにライセンスについて免責事項などが記入されたウインドウが出て来ます。ひととおり読んで問題がなければ、「承諾する」を押してインストールしてください。これで準備が OK です。エクステンションマネージャーを終了します。では Photoshop を起動します。 Photoshop を起動しました。インストール出来ているか確認するためにメニューの「ウインドウ」から「エクステンション」にマウスを合わせてみましょう。DevRocket が追加されていますね。クリックするとこの右側のパネルにDevRocket が追加されます。このようなインターフェースになっています。View Template をクリックし、この中から選びましょう。基本的には iOS7 の見た目で実装されます。今これが 4 かな、そして 5、iPad、で、縦型と横型があると。基本的には私はこの真ん中のものを良く使います。クリックするとこのように画面が作られます。後は不要なものを消したりしてデザインをしていけば OK です。非常に便利です。ちなみにプレビューデザインをクリックするとこのようにウインドウが立ち上がり、実際のモックアップと一緒に見ることができます。例えばではここに適当な四角を作ってみると、これで DevRocket プレビューデザインがこのようにこんな感じで見えますよということをプレビューさせてくれます。クライアントさんなどでここの画面だけでは分かりづらいよという時は利用すると良いですね。 これでモックアップが作成できました。

Photoshopをさらに使いこなす!

このコースではPhotoshop用のエクステンションや連携可能な他のソフトなどを活用して、普段の作業をよりいっそう便利にする方法を紹介します。BridgeやCamera Rawフィルターを素材の整理や補正に利用したり、CanLinkItやdevRocket、speccterなどのエクステンションを活用した業務の効率化について解説します。

2時間01分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年05月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。