Photoshopをさらに使いこなす!

Generatorの画像アセットとは

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshop CCから画像のレイヤーに名前を付けるだけでPSDと同じフォルダに画像ファイル一式が保存されるようになりました。まずはGenerator機能の設定が必要ですので一緒に作業してみましょう。
講師:
05:06

字幕

Photoshop CC の新機能Generator の中に画像アセットというものがあります。決められたルールに従ってレイヤーに名前を付ければあとは保存するだけでWeb 用の画像が書き出されるんですね。とても便利な機能なのでまずは、その使い方を見てみましょう。もし、まだ一番最初それか自分で何か設定を変えてしまっている時メニューの Photoshop >「環境設定」>「プラグイン」をクリックします。ここに Generator「Generator を有効にする」というものがあるのでチェックを入れておきましょう。これで下準備は OK 。OK ボタンを押してPhotoshop に戻ります。次に「ファイル」下をずっと見ていくと「生成」に「画像アセット」と言うものがあります。これをクリックすることであとはレイヤー名を付けていくだけで大丈夫です。注意しなければいけないのはこの「生成」上手くいかないからといってですねもう1回クリックしちゃうとチェックが無くなっちゃうんです。これ、チェックがこうやって入っているだけであとは何もしなくても今後、このファイルを保存していくだけで自動的に書き出されるようになります。 1回だけで大丈夫ということを覚えておいて下さい。あとは、レイヤーに名前を付けるだけ。例えば、この様な Web サイトがある時uo って書いてありますね。じゃあ、ここだ。じゃあ、見やすくしておきましょう。「パネルオプション」から「サムネールサイズ」そして「レイヤーの範囲のみ表示」にしておくとこの様に今、自分がどれに対して名前を付けたり操作しているかが見やすくなります。uo ここに決められた命名をしなければならないとあったんですけど非常に簡単です。拡張子 . (ドット)ですね。それから png と打てば大丈夫です。GIF 画像の様にしたい時は8 ですしアルファチャンネルとして透過させたい時は 24元データの様にレイヤー構造などを保管しておきたい時は32 にしておきましょう。今回は Web サイトでそれほど、いろいろ使わないので8 でいいですね。あとは、ここ何も付けなくても OK です。uo.png でも大丈夫。その他に JPEG を使いたい時はここを jpg にすれば OK です。今回はイラストですのでpng が適切ですね。ここも mizugame も同様に.pngこの yagi も .png他にも名前が付いていますね。 あ、32 ってなっているけれども...これで問題ありません。同じ様に描き出しがされます。今、まだ保存していないので* (アスタリスク)が付いていますね。このまま「保存」をしてみましょう。保存できました。では、描き出されているかを確認してみましょう。ファインダーを見てみるとこの様に Photoshop データと同じ場所に同じ名前そこに -assets という風に付けられたフォルダが見つけられます。こちらをダブルクリックしてみるとこの様に png と付けたものが書き出されていますね。この様に、背景もちゃんと透過されています。これで書き出しすることができました。更に、もう1点こちら、非常に便利なのがこのあと、この Photoshop データを書き換えるだけで保存したら勝手に書き出しも行われます。例えば、イラストを白に塗りつぶしてしまった。試しに、これで保存をしてみましょう。「ファイル」>「保存」。「ふたご座」が真っ白なままです。では、ファインダーを見てみましょう。この様に、「ふたご座」を白く塗りつぶしたので白くなっています。保存するだけで自動的に書き出したい画像も変更されるようになっています。 では、戻してみましょう。「レイヤースタイルを消去」してまた、保存をしてみます。そうすると、さっき真っ白になっていた「ふたご座」がちゃんと戻っているはずです。「保存」をして、ファインダー。直りましたね。この様に、1回設定してしまえばあとは画像の変更があったとしても簡単に自分が何か作業をすることなく書き出しされました。すごく便利ですね。保存をするだけで画像を書き出すGenerator の画像アセット機能を使いました。

Photoshopをさらに使いこなす!

このコースではPhotoshop用のエクステンションや連携可能な他のソフトなどを活用して、普段の作業をよりいっそう便利にする方法を紹介します。BridgeやCamera Rawフィルターを素材の整理や補正に利用したり、CanLinkItやdevRocket、speccterなどのエクステンションを活用した業務の効率化について解説します。

2時間01分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年05月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。