Photoshopをさらに使いこなす!

命名ルール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Geneartorの画像アセットを利用するには特定のルールにのっとった命名が必要です。どのような名前にするかを紹介する傍ら、簡単に設定できる方法も見ていきましょう。
講師:
05:20

字幕

Generator の画像生成は便利ですが細かい設定をするのに命名ルールを覚えるのが大変です。Photoshop エクステンションのAdobe Layer Namer を使うことでルールを覚えなくても設定が可能になります。そのエクステンションをインストールしてみましょう。まずは Photoshop を終了します。Adobe Layer Namer はこちらのURL からダウンロードできます。非常に長いですね。覚えられない方はまずAdobe Layer Namer で検索をして上から2番目のところRussel Brown's new Layer Namerfor Photoshopこちらをクリックしましょう。ここにてページをスクロールしていきます。Download the Panel をクリックすることでエクステンションをダウンロードできます。ダウンロードができるとAdobe_Layer_Namer.zxp というファイルが出てきます。ダブルクリックをするとExtension Manager が起動します。Extension Manager が無い場合は公式から無償でダウンロードできます。 「ライセンス」、こちらを問題ないか一通り読んで「承諾する」を押します。そうするとこのようにAdobe Layer Namer が追加されます。これで Photoshop に戻りましょう。Photoshop を起動しました。ちゃんとエクステンションがインストールされているか確認する為にメニューの「ウィンドウ」をクリックして「エクステンション」にマウスを合わせます。右を見てみると Adobe Layer Namer があります。ちゃんとインストールされていますね。クリックするとこのようにパネルが開きます。こちらを使っていくことで名前を付けるのが簡単にできるのです。では先程のファイルを開いてみましょう。メニューのファイルからサンプルファイルを開きます。見やすくしておきますね。この魚座・水瓶座・山羊座これらの書き出しの設定をしていきましょう。右側のパネル一番上の「パネルを展開」という小さな矢印これをクリックします。パネルが広くなりました。ここでレイヤーを選択しておいてファイル形式を選択していきます。PNG で 8, 24, 32これは GIF 画像のように少ない色数にするのか背景を透過させるのか32 は Photoshop のデータのようにレイヤーを保持しておくかなどの書き出しの設定です。 「2X 拡大サイズも同時生成」というのはiPhone などで画像がきれいに見えるように大きなサイズで書き出すことをしています。今回はイラストで Web でしか使用しないものなので8 で大丈夫ですね。「名前を変更」をクリックしてみます。レイヤーの uo という所がuo.png8 になりました。このように設定していくことが可能です。複数のレイヤーもできますのでmizugame・yagi・iteShift を押しながらマウスでクリックしこの設定のまま「名前を変更」と押せば同様に命名することが可能です。では、こちらを保存して見てみましょう。ファイルを保存。Finder を見てみると画像の書き出しができました。しかし、サムネイルに何か異変が起きています。何か灰色の靄のような影があります。これはあまり良くないです。原因は先程書き出した時PNG の形式を8にしていました。それによって透過される所がうまくいっていないのです。では、こちらを直してみましょう。Photoshop に戻ります。先程書き出した選択したレイヤーたちを選んでおいて今度は8ではなく、24 にしてみましょう。「名前を変更」これで名前が変わりましたね。 保存をすると直っている筈です。「保存」Finder をもう一回見てみます。OK ですね。先程あった靄みたいなものが消えています。このように Adobe Layer Namer の命名ルールを設定するのがすごく簡単です。やっぱり PNG ではなく JPEG にしたい時もこのようにパネルが変わるので名前を覚えなくても済みます。これで OK 。Adobe Layer Namer で簡単にファイルの書き出しの設定をすることができました。

Photoshopをさらに使いこなす!

このコースではPhotoshop用のエクステンションや連携可能な他のソフトなどを活用して、普段の作業をよりいっそう便利にする方法を紹介します。BridgeやCamera Rawフィルターを素材の整理や補正に利用したり、CanLinkItやdevRocket、speccterなどのエクステンションを活用した業務の効率化について解説します。

2時間01分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年05月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。