Illustrator CC 2018の新機能

SVGデータを画像として読み込む

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、SVGコードをペーストした時に自動で画像データとして変換される新機能について紹介します。
講師:
01:12

字幕

このレッスンでは SVG コードをペーストした時に自動で画像データとして変換される新機能について紹介します。これまで Illustrator では SVG コードを直接コピー・ペーストしてきた場合に単なるテキストデータとして例えばこのような形でペーストされてきました。今回のバージョンからこのようなテキストエディターソフトで作成した SVG コード、これをすべて選択し、コピーをします。そして Illustrator に戻り、ここに[編集]メニューから先ほどコピーしたコードをペーストします。そうすると文字列ではなくこのように自動的にグラフィックとして認識されてペーストされます。このバージョンからはこのような便利な新機能が追加されました。このレッスンでは SVG コードをペーストした時に自動で画像データとして変換される新機能について紹介しました。

Illustrator CC 2018の新機能

このコースでは新しくなったAdobe Illustrator CCの見やすくなったオプションパネルや新しいオブジェクト編集機能などを紹介します。

51分 (17 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月18日
アップデート日:2018年03月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。