Premiere Pro CC エフェクトの活用テクニック

標準エフェクトの操作方法を覚える

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
標準エフェクトの利用方法として、エフェクトの設定方法やエフェクトのON/OFFの方法、また、クリップに設定したエフェクトを削除する方法などの基本的な操作方法について解説します。
講師:
07:32

字幕

このレッスンではAdobe Premiere Pro CC で標準エフェクトと呼ばれているエフェクトを利用するための基本的な操作方法について解説いたします。Premiere Pro のエフェクトには基本エフェクトと呼ばれているデフォルトで最初から設定されているエフェクトの他にエフェクトパネルから選んで任意のエフェクトをクリップに設定していく標準エフェクトと呼ばれているエフェクトがあります。ここでは、その標準エフェクトの設定方法、それと操作、そして削除の方法等、基本的な操作方法について解説いたします。それでは操作例としてシーケンスに一個クリップを配置してあります。このクリップに対して標準エフェクトと呼ばれているエフェクトを設定していってみたいと思います。今回設定するエフェクトがガンマ補正エフェクトと呼ばれているものをちょっと使ってみようと思っています。まず、そのエフェクトをエフェクトパネルで見つけます。エフェクトパネルを表示してこのガンマ補正エフェクトですけどもこれは「ビデオエフェクト」の中の「イメージコントロール」の中のここに「ガンマ補正」というエフェクトがあります。これなんですけどこのエフェクトはクリップの中のハイライト部分とかシャドウ部分の明るさを変えずに中間調の部分の明るさを調整することでクリップの明暗を調整するというエフェクトです。 それを、このクリップに適用するんですけどまず適用する前にクリップを選択してエフェクトコントロールパネルちょっと開いて置きます。ここには基本エフェクトがデフォルトのものが表示されています。エフェクトの設定には方法が2つあります。1つはオーソドックスな方法で利用したいエフェクトをクリップの上にドラッグ&ドロップする方法です。これをこのままドラッグ&ドロップしてくるとこの様に適用されます。適用されると、クリップ名の右にあった「fx」というマークが紫色に変わります。同時にエフェクトコントロールパネルの方ですけども基本エフェクトの下に「ガンマ補正」という選択してドラッグ&ドロップしたエフェクトが適用されます。これが1つ目の方法ですね。もう1つ方法があります。ちょっと前に戻します。適用前に戻す時にはWindows の場合にはCtrl+Z キーを押す。Mac の場合にはCommand+Z キーを押してみて下さい。これで元に戻ります。適用前の状態になりました。今度はもう一つの方法で適用していきます。もう1つはクリップを選択して選択している状態でエフェクトパネル上で利用したいエフェクトをダブルクリックするんです。 ダブルクリックするとこの様に適用されて色が変わりエフェクトコントロールパネルにもきちんと「ガンマ補正」という風に適用されてます。この方法、結構便利なんですけどちょっと注意が必要です。というのはシーケンス上で選択されているクリップに対して適用されますのでもし選択しているクリップを間違えていたり別のものが選択されていたりするとそちらのクリップの方にエフェクトが適用されてしまいます。ですので、クリップの数が多い場合には注意しながら使ってください。せっかく設定したガンマ補正ですのでこれちょっと使ってみたいと思います。「ガンマ補正」、オプションが「ガンマ」というオプションがあります。三角マークがありますのでこれをクリックするとスライダーが表示されます。このスライダーをドラッグするとクリップの明るさをこの様に調整することができます。この様に明るい部分と暗い部分ハイライトとシャドウの部分は大きく変えずに中間調の明るさを調整してくれるというエフェクトなんですけどこのエフェクト、今設定しましたけど設定前ってどうだったかなという設定前と設定後とちょっと確認したいという時にはこの「ガンマ補正」エフェクトの名前の頭の部分「fx」というマークがあります。 ここの所、マウスを合わせると「エフェクトのオン / オフ」というバルーンヘルプが表示されます。これをクリックするとエフェクトの設定前の状態に戻すことができます。もう一回クリックするとこれが設定した状態ですね。これを交互にクリックしながら設定前と設定後の状態を確認しながら作業を進めていくということができます。それと、このエフェクトの設定なんですけども1つのクリップに対して実は何個でもエフェクトを設定することができます。例えば、今ガンマ補正で一個設定してますけどもちょっとこれ閉じますね分かりやすいように。閉じて、もう一回このクリップが選択されている状態で「ガンマ補正」これをダブルクリックしてみます。そうすると、2つ目ガンマ補正がまた適用されます。更に別のエフェクト例えば「ガンマ補正」の下に「モノクロ」とありますけどこれダブルクリックしてみるとモノクロというエフェクトも適用されます。この様に1つのクリップには複数のエフェクトを適用することができるというのも、このエフェクト機能の特徴です。では、こんなにたくさんエフェクトを設定しちゃったのだけどやっぱりエフェクト要らなかったという時にはこのエフェクトを削除していきます。 削除する時には削除したいエフェクトを選んで右クリックします。そうすると、メニューが表示されます。この中の「消去」これを選択して下さい。これを選択すると、右クリックで選んだエフェクトが削除できます。これも同じです。すべて消去という形で消去していきます。この様にエフェクトを削除するのですけどデフォルトで付いているこの3つの基本エフェクトこれは削除することができません。どれも「消去」が選べないようになっています。この様にして標準エフェクトと呼ばれているものは適用して、設定して、削除するという方法で使っていきます。このレッスンではAdobe Premiere Pro CC で標準エフェクトと呼ばれているエフェクトを利用するための基本的な操作方法について解説致しました。

Premiere Pro CC エフェクトの活用テクニック

このコースではPremiere Pro で設定可能なエフェクトを厳選し、ひとつずつ解説していきます。またキーフレームの利用方法や、マットデータや輝度を利用した合成方法などについても紹介します。さらにコースの後半ではクリップを変形させたり、ブラー(ガウス)を利用したエフェクトなど幅広い種類のエフェクトの活用テクニックも説明します。

3時間42分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。