Premiere Pro CC エフェクトの活用テクニック

「基本3D」エフェクトを利用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「基本3D」エフェクトを利用すると、クリップに対して立体的な動きを設定できます。「スウィベル」や「チルト」など、このエフェクトの基本的な利用法をマスターしましょう。
講師:
05:01

字幕

このレッスンではAdobe Premiere Pro CC のビデオエフェクト、基本 3D の使い方について解説いたします。立体的なエフェクトを確認して下さい。Premiere Pro のエフェクトの中にはクリップに対して立体的な効果、3D 的な効果を設定できるエフェクトがあります。それが基本 3D なんですけれどもそれを使っていきたいと思います。エフェクトを設定するクリップはこういうクリップです。ソースモニターで確認できたらこれをトラックに配置いたします。この様にトラックに配置します。トラックに配置したらこれを選択してエフェクトコントロールこのタブをクリックします。そうするとエフェクトコントロールパネルが表示されます。ここで、確認できるのが基本エフェクトです。これはもう既に設定されています。ここへ基本 3D というエフェクトを追加していきます。エフェクトタブをクリックしてエフェクトパネルを表示し「ビデオエフェクト」ですね。この中のカテゴリーなんですけれども一番下に「遠近」というのがあります。このカテゴリーを開くと「基本 3D」というエフェクトがあります。このエフェクトをクリップに適用するんですけれども適用方法はドラッグアンドドロップする方法とクリップを選択してからエフェクトパネルでエフェクトをダブルクリックするという方法があります。 ここでは、クリップを選択してあるので「基本 3D」エフェクトをダブルクリックして適用します。適用するとクリップの右にあるfx というマークが紫色に変わります。同時にエフェクトコントロールパネルの方にはこの様にエフェクトが追加されています。「基本 3D」ですね。同時にオプションも開いています。もしこのオプションが閉じていてこの様な状態で表示されている場合は三角マークをクリックしてこれを開きます。使い方は非常に簡単です。「スウィベル」という1つのオプションと「チルト」という1つのオプションこの2つのオプションが大きな効果になります。更に「画像までの距離」というオプションもあります。これは奥行きを表現するときのオプションなんですけれども基本的にはクリップのスケール変更の様な物と思えばいいかと思います。では、早速使ってみようと思います。それぞれの三角マークをクリックするとこのようにスライダーですけれども円形のスライダーと棒状のスライダー、それぞれが表示されます。まず、「スウィベル」の方の設定ですけれどもドラッグするとこのように左右にクリップが動いてくれます。これを初期状態に戻す時にはリセットボタンをクリックしてください。 元に戻ります。次に「チルト」ですけれどもチルトはですねこのようにお辞儀したりとかふんぞり返ったりという前後への動きになります。これも元に戻す場合にはパラメーターをリセットします。すると次に「画像までの距離」これをスライダーをドラッグするとこのようにサイズ変更できます。基本的にはこのサイズ変更をしてこれに対して今度はこういったそれぞれの数値を変更していきます。更にこれもこれくらいみたいな形にしていきます。また、オプションいくつか残っています。この中の特に面白いのが「鏡面ハイライト」というオプションです。これのチェックボックスにチェックを入れてマークを入れるとこのように反射光が表示されます。この状態で、例えばスウィベルさせてみるとこんな風に光の反射が角度に応じて動いてくれるという非常にリアリティある効果なんですね。このようにして基本 3D エフェクトを使っていきます。このレッスンではAdobe Premiere Pro CC のビデオエフェクト基本 3D の利用方法について解説いたしました。

Premiere Pro CC エフェクトの活用テクニック

このコースではPremiere Pro で設定可能なエフェクトを厳選し、ひとつずつ解説していきます。またキーフレームの利用方法や、マットデータや輝度を利用した合成方法などについても紹介します。さらにコースの後半ではクリップを変形させたり、ブラー(ガウス)を利用したエフェクトなど幅広い種類のエフェクトの活用テクニックも説明します。

3時間42分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。