Lightroom5ではじめる写真の編集と活用

写真をソフトな印象にする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
被写体の輪郭をぼかして、ソフトフォーカス風の写真にする方法です。
講師:
04:26

字幕

被写体の輪郭を動かしてソフトフォーカス風の写真を作りましょう。ここでは補正ブラシツールを使って本来はコントラストを強調する効果の「明瞭度」を逆転させて適用することで部分的にソフトな効果を加えていきます。この写真をこの様な光が柔らかく反射したような印象の写真に変えていきます。まず補正ブラシツールをクリックして選択します。「選択したマスクオーバーレイを表示」にチェックを入れます。こうすることでドラッグした軌跡が赤く塗りつぶされてマスクの領域を確認やすくなります。ブラシのサイズをここでは50 程度に設定をします。「自動マスク」のチェックを外しておきます。この状態で写真全体をドラッグして赤く塗りつぶします。この半透明の赤い塗りはマスクの領域を表しているもので直接写真に赤く塗りつぶしているわけではありません。塗りつぶしましたら「選択したマスクオーバーレイを表示」のチェックを外します。マスクの赤い色が非表示になりますがマスクの効果は適用されています。次に本来は階調のコントラストを高める「明瞭度」のスライダーを左にドラッグします。すると階調のコントラストが弱まるのでソフトな印象になります。ここでは -100 に設定しています。 次に「シャープ」のスライダーも左いっぱいにドラッグします。輪郭があまくなり更にソフトな印象が強まります。これで写真全体にソフトな効果が加わりましたが全体的にぼけていますのでここでポイントになる被写体をくっきりさせて、ソフトな中にもメリハリを付けていきます。補正ブラシツールを選択したままの状態でブラシを今度は「消去」に’切り替えます。これは消しゴムの様な果です。ブラシのサイズをここでは32 に設定して輪郭を滑らかにするぼかしの数値をここでは 100 に設定します。ブラシの効果が加わる量を調整する「流量」はここでは 50 に設定します。もう一度「選択したマスクオーバーレイを表示」にチェックを入れてこのパンの部分を中央から外側に向けてマスクを消していきます。一度のドラッグでは完全に消えません。何度もドラッグを繰り返してこの様に消していきます。「選択したマスクオーバーレイを表示」のチェックを外すとパンの中央から外側に向けてソフトな効果が薄れてクッキリ見えているのがわかります。「完了」をクリックして補正ブラシの編集結果を適用します。仕上げに「基本補正」の「露光量」を右にドラッグして明るさを強めます。 ここでは1に設定します。これで完成です。この様に本来は階調のコントラストを強調して力強い効果を加えることができる「明瞭度」をマイナスに設定するとなんともいえないソフトな印象のイメージに仕上がります。ふわっとした柔らかいイメージを作りたい時には是非活用してみて下さい。

Lightroom5ではじめる写真の編集と活用

このコースではLightroomがもつさまざまな機能を解説しながらいろいろな形式で作品を仕上げていきます。撮影時のGPS情報から写真をマップ上で閲覧したり、レンズによるゆがみや色収差を補正したり、色調補正や透かしの挿入方法などについて学習します。Webギャラリーの公開の仕方やフォトブックの作り方、動画を編集して書き出す方法などについても解説します。

2時間24分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。