Lightroom5ではじめる写真の編集と活用

階調豊かなモノクロ写真を作る

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
カラーを白黒に変換して終わりではなく、さらに元の色の明暗を調整することで、詳細な部分まではっきり表示させる階調豊かなモノクロ写真にします。
講師:
03:12

字幕

カラー写真をモノクロの印象的な作品にしてみましょう。ただ単にカラーを白黒に変換して終わるのではなく更に元の色の明暗を調整することで詳細な部分まではっきり表示させる階調豊かなモノクロ写真になります。ここでは逆光で白っぽい印象の写真を使ってこの様な落ち着いたモノクロの作品を作ります。モノクロにするには「B&W」と書かれたつまりブラック&ホワイトという部分をクリックすると自動的に白黒化します。これは「基本補正」の「白黒」をクリックしても同じ結果になります。ところが白黒化してもメリハリにかけている印象なのでここで「基本補正」の「外観」にある「明瞭度」のスライダーを右にドラッグします。これでかなり明暗がはっきりしてきますが白と黒の単調なイメージになることがあります。そこで今度は「B&W」のドラッグして階調を調整するための切り替えボタンをクリックします。ポインタがこの様な形になった所で空の部分を下にドラッグします。すると空のグレーが段階的に濃くなり白いだけで平面的だった空に奥行きが感じられます。更にヒストグラムを見ると右側の端の方にこの様に山が集中しています。これが眩しすぎる原因なので右側の三角形がこの部分がハイライトになっているのが黒くなるまで「基本補正」の「ハイライト」のスライダーを左にドラッグしていきます。 ここでは -76 に設定しておきます。これで眩しさが抑えられました。更に「白黒ミックス」で各カラーの階調のスライダーをドラッグして調整します。ここではオレンジを右にドラッグして72 に設定します。柴の部分が明るくなりました。これで完成です。この様に写真を直接ドラッグして階調を変化させたり「白黒ミックス」のスライダーでカラーごとに階調を細かく調整することでより奥行き感のあるモノクロ作品に仕上げることができます。

Lightroom5ではじめる写真の編集と活用

このコースではLightroomがもつさまざまな機能を解説しながらいろいろな形式で作品を仕上げていきます。撮影時のGPS情報から写真をマップ上で閲覧したり、レンズによるゆがみや色収差を補正したり、色調補正や透かしの挿入方法などについて学習します。Webギャラリーの公開の仕方やフォトブックの作り方、動画を編集して書き出す方法などについても解説します。

2時間24分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。