Lightroom5ではじめる写真の編集と活用

スライドショーをレイアウトする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真をスライドさせながら複数の写真を次々に表示させるスライドショーを作ります。スライドショーに使用する写真を複数選び、プリセットからテンプレートを選び、細かい部分をカスタマイズします。
講師:
04:06

字幕

写真をスライドさせながら複数の写真を次々に表示させるスライドショーを作ります。スライドショーに使用する写真を複数選びプリセットからテンプレートを選んで細かい部分をカスタマイズします。ここでは4枚の写真を効果付きで次々表示していくスライドショーを作っていきます。最初にライブラリモジュールでスライドショーにする写真を選択します。予めスライドショー用の写真を纏めてコレクションにしておくと便利です。ここではスライドショー用の写真を4枚収録したコレクションから選んでいます。それではスライドショーモジュールをクリックして開きます。すると自動的に写真が既存のデザインに挿入されています。この状態で既にスライドショーが作られていますがここから自分の好きなようにデザインをカスタマイズしていきます。左側の「テンプレートブラウザー」の「Lightroom テンプレート」を開くと5種類の既存のテンプレートが用意されています。この中から好みのものを選びます。写真だけを画面いっぱいに表示するのであれば「画面に合わせて切り抜く」を選びます。また、写真の細かいデータも表示するのであれば「Exif メタデータ」を選びます。 ここではこの「Exif メタデータ」を選択します。オプションパネルで「ズームしてフレーム全面に拡大」にチェックを入れるとこの様に枠に合わせて写真が拡大します。この枠線は「枠線を描画」にチェックを入れた状態で「幅」のスライダーをドラッグしてこの様に太さを調整できます。また枠の大きさはレイアウトパネルの「ガイドを表示」にチェックを入れてスライダーをドラッグすることで、この様に大きさを調整することができます。ここでは 77 px に設定しておきます。背景の色は背景パネルの「背景色」をチェックした状態でボックスをクリックして色を変更することができます。ここでは紺色に設定します。スライドとスライドの表示時間を再生パネルの「スライド」のこのスライダーをドラッグして秒数を設定することができます。また切り替える時間を「フェード」のスライダーで調整することもできます。スライドショーにBGM を付けたい場合は「オーディオ」にチェックを入れて「音楽を選択」をクリックします。ここで挿入したいオーディオファイルを選択して、「選択」をクリックします。この状態で「プレビュー」をクリックするとこの表示画面内でスライドショーを見ることができます。 この様にスライドショーを作成する時にはまずテンプレートから選び右側のパネルで細かくカスタマイズをすると効率よく本格的なデザインのスライドショーを作ることができます。

Lightroom5ではじめる写真の編集と活用

このコースではLightroomがもつさまざまな機能を解説しながらいろいろな形式で作品を仕上げていきます。撮影時のGPS情報から写真をマップ上で閲覧したり、レンズによるゆがみや色収差を補正したり、色調補正や透かしの挿入方法などについて学習します。Webギャラリーの公開の仕方やフォトブックの作り方、動画を編集して書き出す方法などについても解説します。

2時間24分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。