Lightroom5ではじめる写真の編集と活用

スライドショーにイントロ画面とエンディングを追加する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スライドショーの開始前にイントロ画面エンディング画面を、オリジナルのIDプレートを利用して追加します。
講師:
03:13

字幕

スライドショーの開始前にタイトルを表示するイントロ画面を挿入したりスライドショーの最後にオリジナルの ID プレートを利用してエンディング画面をそれぞれ追加してみましょう。最初にイントロ画面を挿入します。タイトルパネルの「イントロ画面」にチェックを入れます。「ID プレートを追加」にチェックを入れた状態でID プレートの部分をクリックして「編集」を選びます。ここでは「スタイル付きテキストのID プレートを使用する」を選択します。テキストボックスに、このスライドショーのタイトルを入力します。ここでは「ボストンの思い出」と入力します。この状態で OK をクリックします。「カラーを指定」にチェックを入れて色のボックスをクリックしてここでは白に設定します。「スケール」のスライダーを右にドラッグしていくとこの様にタイトルが大きくなっていきます。ここでは 40 に設定します。これでイントロ画面は出来上がりました。次にエンディング画面を作ります。「エンディング画面」のチェックを入れて同じように「ID プレートを追加」にチェックを入れます。ID プレートをクリックしてここでは既存のテキストのID プレートを選択します。 スライダーでここでは40 に設定をします。これでエンディングの設定が完了しました。再生パネルの「繰り返し」にチェックが入っているのでこれを解除します。スライドショーで使用している写真を選択した状態で「プレビュー」をクリックします。画像表示領域にスライドショーのオープニングから再生が開始します。同時に再生パネルの「オーディオ」で設定した音楽が BGM で流れています。尚、「オーディオ」にチェックが入っていない場合は音楽は流れません。エンディング画面が表示されるまでのスライドショーの流れを確認します。再生を終了するにはEsc キーを押します。この様にスライドショーにイントロ画面とエンディング画面を挿入するだけで本格的なムービーのような作品に仕上がります。

Lightroom5ではじめる写真の編集と活用

このコースではLightroomがもつさまざまな機能を解説しながらいろいろな形式で作品を仕上げていきます。撮影時のGPS情報から写真をマップ上で閲覧したり、レンズによるゆがみや色収差を補正したり、色調補正や透かしの挿入方法などについて学習します。Webギャラリーの公開の仕方やフォトブックの作り方、動画を編集して書き出す方法などについても解説します。

2時間24分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。