Lightroom5ではじめる写真の編集と活用

1枚の写真を複数利用してレイアウトして印刷する(ピクチャパッケージ)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
1枚の写真を用紙にいくつも並べてタイル状にレイアウトして印刷をする方法です。シール用に印刷する際に便利です。ここでは1種類の写真を1枚の用紙に並べて、A4用紙に印刷します。
講師:
05:29

字幕

一枚の写真を表紙にいくつも並べてタイル状にレイアウトして印刷をする方法です。主にシール用など切り取って活用する目的で印刷する際に便利です。ここではこのように一種類の写真を一枚の用紙に並べてA4 用紙に印刷をします。最初に写真を一枚選びます。ライブラリモジュールもしくはフィルムストリップで印刷をする写真を一枚選択しておきます。「プリント」をクリックします。プリントモジュールが開くのでレイアウトスタイルで「ピクチャパッケージ」をクリックします。画像表示領域に前回行ったピクチャパッケージの内容が表示されている場合にはここではまっさらな画面から始めるのでセルパネルの「レイアウトを消去」をクリックします。するとこのようなまっさらな画面になります。ピクチャパッケージでは一枚の用紙に同じ写真を繰り返し並べてレイアウトをします。現在の画像用の設定パネルで写真の枠線の幅を5 ポイントに設定します。次にセルパネルの「パッケージに追加」でここでは6つ並んでいるボタンの一番右下にあるこのボタンの右側の下向き三角のボタンをクリックしてここで「編集」を選びます。カスタムサイズにここでは左側の高さの 30.2右側のテキストボックスに幅の 42.3 と入力します。 これは元の写真の縦横比はそのまま縮小したサイズです。「追加」をクリックします。するとこのように選択した写真の縮小した画像がここに一つ追加されました。同時にセルの右下のこのボタンに設定したサイズのボタンが追加されたのでこれをクリックするとこのようにセルが増えていって写真が複製されていきます。(連続クリック音)これで画面いっぱいになるまでクリックを続けます。(連続クリック音)用紙いっぱいになったら今度はページパネルの「裁断用ガイド」にチェックを入れて直線に設定しておきます。こうすると後でカットする時に目安の線が追加されて切りやすくなります。これで印刷用のレイアウトが完成しました。A4 サイズの用紙に印刷する場合はプリンターに A4 用紙をセットして「用紙設定」をクリックして「対象プリンタ」に印刷が可能なプリンター名を表示させます。用紙サイズをここでは A4 に設定をして方向は縦向きになっているかどうかを確認してOK をクリックします。次に Mac の場合は「プリント設定」をクリックして印刷する部数を設定します。ここでは一枚なので「1」と設定します。プリンターの機種によって名称は異なりますがここで印刷設定や用紙の種類などの項目で用紙の種類と印刷の品質を設定します。 用紙の種類は印刷をする用紙の取り扱い説明書に記載されている通りに設定をします。また、印刷の品質もできるだけきれいで高画質な設定を選ぶと良いでしょう。保存をクリックしてダイアログを閉じます。尚、Windows の場合はプリント設定のボタンが無いので用紙設定の内容で同じように設定ができます。これでプリントの設定ができたので右下のプリントをクリックすると印刷を開始します。プリントをするとこのように出来上がります。後は、これをカッターナイフなどで一枚ずつ切り取ってシールとして活用をします。刃物で怪我をしないように気を付けて作業を行ってください。

Lightroom5ではじめる写真の編集と活用

このコースではLightroomがもつさまざまな機能を解説しながらいろいろな形式で作品を仕上げていきます。撮影時のGPS情報から写真をマップ上で閲覧したり、レンズによるゆがみや色収差を補正したり、色調補正や透かしの挿入方法などについて学習します。Webギャラリーの公開の仕方やフォトブックの作り方、動画を編集して書き出す方法などについても解説します。

2時間24分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。