Lightroom5ではじめる写真の編集と活用

ブックのレイアウトをする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブックモジュールで、PDF形式で保存ができるアルバムを作ります。複数の写真を選び、自動でレイアウトをした後に、ページのカスタマイズをします。
講師:
05:07

字幕

ブックモジュールで複数のページに写真をレイアウトしたアルバムを作ります。複数の写真を自動でレイアウトした後に自由にページのカスタマイズをしてみましょう。最初にブックに使用する写真を複数枚選択します。ライブラリモジュールやフィルムストリップから選択しても良いですが予めブック用の写真を纏めてコレクションを作っておくとスムーズに作業ができます。ここではブック用に 32 枚の写真をまとめておいたコレクションを選択してブックをクリックします。するとこのように「Blurb は現在の言語をサポートしていません」という表示が出ます。これは日本語版の製本サービスには対応していないという表示ですのでここでは PDF のブックを作っていきます。OK をクリックします。ブック設定パネルでブックの設定をPDF に変更します。サイズは横標準にカバーはソフトカバーを選びます。新規のブックを作りますので画像表示領域の右上にある「ブックを消去」をクリックします。空のページにします。ここにページを追加して写真を一枚ずつ配置していくこともできますがここでは手早く自動でレイアウトをしていきます。その前にページのレイアウトをカスタマイズします。 自動レイアウトパネルのプリセットと書かれた右の部分をクリックして「自動レイアウトのプリセットを編集」をクリックします。左側のレイアウトをクリックして「固定レイアウト」を選択します。この画面は見開きのレイアウトを作成する画面です。まず左側のレイアウトを設定していきます。固定レイアウトの下のこの部分をクリックしてここでは「1枚の写真」を選びます。一覧から左上にあるこのレイアウトをクリックして選択します。これで左側のレイアウトが設定できました。次は右側のページの設定をします。プリセットをクリックしてここでは「3枚の写真」を選びます。一覧から下の方にスクロールしていきここでは上に一枚大きな写真下に小さい写真を2つ配置したこのレイアウトを選択します。これで見開きのレイアウトが設定できたのでこれを保存しておきましょう。プリセットをクリックして「現在の設定を新規プリセットとして保存」を選びます。プリセット名に入力をしておきます。ここでは「左1 右3」と入力して作成をクリックします。完了をクリックします。これで左ページに写真が一枚右ページに写真が三枚のページのレイアウトが保存されました。後は、自動レイアウトをクリックすると自動的に写真が配置されたページが追加されてブックのレイアウトが完了しました。 このブックを保存しておきましょう。「保存ブックを作成」をクリックして「名前」にブックの名前を入力します。作成をクリックします。するとコレクションパネルには作成したブックのコレクションが自動的に追加されました。ブックは枚数が多いため何回かに分けて編集を行うことが多いと思います。このようにブックを保存しておけばコレクションのブック名をクリックすればいつでも再編集ができます。

Lightroom5ではじめる写真の編集と活用

このコースではLightroomがもつさまざまな機能を解説しながらいろいろな形式で作品を仕上げていきます。撮影時のGPS情報から写真をマップ上で閲覧したり、レンズによるゆがみや色収差を補正したり、色調補正や透かしの挿入方法などについて学習します。Webギャラリーの公開の仕方やフォトブックの作り方、動画を編集して書き出す方法などについても解説します。

2時間24分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。