Photoshopでレイヤーを極める!

レイヤーのグループ、マスクを使ってみよう

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーにはさまざまな機能が用意されています。その中でもよく使うのが管理しやすくするためのグループ、そしてマスクが非常に簡単にできるクリッピングマスクです。
講師:
06:58

字幕

レイヤーには様々な機能が用意されています。 その中でもよく使うのが 管理しやすくするための「グループ」 そしてマスクが非常に簡単にできる 「クリッピングマスク」です。 このレッスンでその2つを見ていきましょう。 まずはクリッピングマスク。 左側のツールから長押しをして このように「楕円形ツール」を作って カンバスに適当な丸を作成してみましょう。 そしてもう一つ 「長方形ツール」にてもう一つ新たに シェイプを作ってみます。 分かりやすいように 色を変更しておきましょうね。 青にしておきます。 クリッピングマスクは非常に便利で この青い長方形の形の中に 楕円形のこの重なっている部分だけを 表示させることができます。 見てみると非常に分かりやすいので 実際にやってみましょう。 まずマスクしたい この「楕円形1」というのを選択しておき メニューの「レイヤー」から 「クリッピングマスクを作成」を クリックします。 そうするとこのように 楕円形の一部分だけが 表示されるようになりましたね。 そしてレイヤーパレットを見てみると、 楕円形が少し左に下がり、 矢印が付いています。 このマークはちょうどこの 長方形の表示している所に、 重なっている部分だけを 表示するよという意味なのです。 試しにこの「楕円形ツール」を 移動してみると、 「長方形ツール」の中にあるときだけ 表示されているのが分かりますね。 これを用いることで 例えば細かく色を変えたいときとか 複数のものを移転範囲の中だけで 表示させたいときに 簡単に行うことができます。 クリッピングマスクはこのように 下のレイヤーにあるもので マスクをかけられますので 例えば途中にレイヤーが 入ったりしてしまうと そちらもクリッピングマスクに なってしまいます。 「ブラシツール」でブラシのサイズを変更し 分かりやすいように黒の色で レイヤー1に対して 塗りつぶしをしてみましょう。 このように長方形1が行かない所に いくら描いても表示されませんが 中に描くと反映されていますね。 このように使うことができます。 クリッピングマスクは、この下にある レイヤーに対して適用されるので 例えば重ね順が変わったりすると このようにクリッピングマスクが 解除されます。 同様に2つを選択して メニューから 「クリッピングマスクを作成」すると 今度はこの先ほどブラシで描いた レイヤー1がある所だけに この二つが表示されるようになりました。 非常に面白い機能ですね。 こちらは簡単に マスクをかけることができるので いつでもやり直しが効き 誰でも簡単にできる機能です。 またショートカットキーが 作られていますので こちら Option+Command+G Windows だと Alt+Ctrl+G ですね。 こちらでスムーズにショートカットで 切り替えることも可能です。 もう一回押すとこのように解除され もう一回押すとマスクになります。 こちらでクリッピングマスクを 色々作ってみましょう。 さらにこのようにレイヤーが増えてくると 管理が大変になってきます。 そのときに便利なのがグループ機能です。 グループにしたいもの ひとまとめにしたいものを このように選択し、メニューの 「レイヤー」からこちら 「レイヤーをグループ化」 これをクリックすると フォルダが作られ その中にレイヤーが入っていきます。 このように「レイヤー」パレットを見ると フォルダマーク そして「グループ1」となっていて 先ほど表示されていたものが なくなったのが分かります。 なくなってしまいましたけれども 消えたわけではなく このフォルダの中に入っているんですね。 三角ボタンをクリックすると、このように レイヤー達が出て来ます。 名前を変えることもできますので ダブルクリックで変更したりしてください。 確定したいときは Enter キーを押しても良いですし このように別の所をクリックしても 大丈夫です。 解除したい場合はドラッグして このまま外側に出して こちらを削除したり またショートカットキーが 用意されていますので こちらですね Command+G Windows だと Ctrl+G です。 Ctrl+G を Shift を押しながら行うことで このように解除と作成を行うことができます。 作成する場合は Command+G Windows だと Ctrl+G 解除のときは Shift+Command+G Windows だと Shift+Ctrl+G ですね。 またレイヤーパレットの下側に こちら「新規グループを作成」という アイコンも用意されています。 これをクリックすることで このようにグループが作成され その中にドラッグしていくと 入れることができます。 グループはこのようにたくさんを 入れ子にすることも可能です。 このグループ2の中にグループ1が入ったり ただあんまり入れ過ぎると古いバージョンでは 見た目が変わってしまうこともあるので そうですね、大体5つぐらい 入れ子にするのを考えておきましょう。 それ以上多くなってしまうと 古いバージョンですと見た目が変わって しまいますよという警告が出て来ます。 非常にシンプルですね。 このレッスンでは まず簡単にマスクが行える 「クリッピングマスク」これですね、それと レイヤーの管理が簡単になるこちらの 「グループ」について紹介しました。

Photoshopでレイヤーを極める!

WebやDTPでデザインをするうえで、Photoshopが使えることはもはや必須とも言えます。このコースでは特にPhotoshopのレイヤーの基本機能に注目しながら、どういった時にどの機能を使うのが一番効率がよいのかについて解説します。またさまざまなレイヤーテクニックなども紹介します。

1時間32分 (16 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。