Photoshopでレイヤーを極める!

レイヤースタイル

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーには、線をつけたりグラデーションをかけたりとさまざまなエフェクトをかえることができます。
講師:
08:45

字幕

カンバスの上側にあるこのボタン ウェブサイトで非常によく見るものですよね。 こちら普通に作るととても大変ですが レイヤースタイルですと 非常に簡単に作ることができます。 このレッスンでは そのレイヤースタイルを使った作り方 そしてそうでない時の方法 それらを見て どちらが便利かを確認してみましょう。 こちらボタン完成図 この様な見た目を まずはレイヤースタイルを 使わないで作ってみようと思います。 あらかじめシェイプの こちら角丸長方形ツールで四角を作り そして送信という文字を置いてあります。 後はこのグラデーションと内側にある 薄い線を表現するんですね。 では早速やってみます。 まずは左側のツール こちらからグラデーションをクリックします。 そして新たなレイヤーを作成し この様にボタン完成図の下に置いておいて 下からカンバスの上へ矢印を引いていきます。 これでグラデーションができましたね。 そしてこのグラデーションのレイヤーを 乗算にして そしてこれにクリッピングマスクをかけます。 レイヤー1を角丸長方形の上に持っていき 「レイヤー」>「クリッピングマスクを作成」 これで同じような形にできましたね。 そうしましたら 次は内側に線を引いていきます。 角丸長方形のレイヤーを選択し そこで Command ボタン Windows の場合は Ctrl ボタンを押します。 マウスが指と四角の点々があるような 状況になった事を確認してください。 この状況でもう一度 角丸長方形1のレイヤーをクリックすると そのレイヤーの形にあわせて 選択範囲が作成されます。 これで作成されましたね。 次にメニューの 「選択範囲」>「選択範囲を変更」 「縮小」を選び 1 pixel 内側に縮小します。 これで内側にできました。 拡大してみましょう。 内側になっていますね。 そうしたらまた新たにレイヤーを新規で作成し これを一番上に持っていきます。 このように矢印が付いている事を 確認してください。 もし外れてしまった場合は 「レイヤー」>「クリッピングマスク」 これをクリックすると この矢印が復活しますよ。 ここまでできたら 「編集」>「境界線を描く」 そうするとこのように 境界線のウィンドウが出てきます。 1 pixel で内側、色はそのまま これで OK ボタンを押し このレイヤーの演算を スクリーンに変更します。 では選択範囲を解除して 拡大してみましょう。 できましたね。 同じようになっています。 ですが ここまでの工程 非常に難しいですよね。 またこのようにレイヤーが いっぱい出てきてしまうので どれが何だかわかりづらい これが5個も6個もあると もしかしたら1個だけこの様に移動し忘れて 変な見た目になってしまうかもしれません。 そういった時のためにもっと便利な方法として レイヤースタイルがあるので それを作ってみましょう。 まずは角丸長方形を 下にコピーしておきますね。 送信ボタンも同様にしておきます。 そしてわかりやすいように 近くに置いておきましょう。 これをこのようにして レイヤー1に 度合いをレイヤーからクリッピングマスクを 作成にしておきます。 これで一番上が完成図 そしてこの2番目 これがレイヤーマスクなしで作った状況 分かりやすくするために グループ化をしていきましょう。 この様にグループ化したいものを 選択しておきメニューの 「レイヤー」>「レイヤーをグループ化」 とすると ひとまとめにすることができます。 この三角矢印をクリックすると 中が展開して見れるようになっています。 ダブルクリックすると名前が変更できますので ボタンレイヤースタイルなし としておきます。 これで一番上は完成図 この参考にするもの その下がレイヤースタイルなしで作ったもの 一番下がこちらの2つが今から レイヤースタイルを当てるものになりました。 まずこの長方形 これですね これを選択しておきます。 そしてダブルクリック またはこの左下の FX を クリックしても大丈夫です。 今回は分かりやすいように ダブルクリックをしますね。 そうするとこのようにレイヤースタイルを 設定する画面が出てきました。 そうしたら まずはグラデーションオーバーレイ こちらにチェックを入れます。 そうすると見た目が 変わったのが分かりますね。 黒いボタンになっています。 これは右側のグラデーション こちらの色が適用されているんですね。 変更したい場合は このグラデーションの色が変わっているところ そのままクリックすると グラデーションを設定する ウィンドウがまた新たに出てきますので ここからこちら 左から2番目 描写色から透明にを選択します。 こちら今この左側 ツールの方の描写色 上に来ているものですね これが赤色なのでここも赤になっています。 違う色にするとその通りになりますので もしあなたの色が違う場合は描写色 こちらの色を合わせておいてください。 これでグラデーションの 左上から2番目を選択する事で 赤いものが左から右に 透明になっていくのが作れます。 これで OK ボタンを押しましょう。 そうするとこちらの画面 まだ変わってないですね。 ここからもうひと手間が必要です。 こちら描写モード ここを乗算にすると このように赤いグラデーションが さらに濃くなりました。 この状況で更にもうひと手間 内側の線を作っていきます。 今回は光彩の内側 これをクリックして 不透明度を 100 にします。 そして チョークを100% にし サイズを2にしておきましょう。 この色の部分を同じように こちらの描写色にしておくと この様な形でカンバスの赤も 少し赤より薄いものに変わります。 この描写色を使うと1つの色で 複数の展開ができるので 非常に便利ですね。 これで OK ボタンを押せば完成です。 このようにレイヤースタイルなしですと 幾つものレイヤーができたり ずれてしまうことも多かったのですが レイヤースタイルであれば 全ての効果がこのように レイヤーに紐づいているので 移動しても エフェクトは変わりません。 またやめたいとき このように表示・非表示を切り替えたり もう一度ダブルクリックすることで 設定を変更する事ができます。 レイヤースタイルには ドロップシャドウや光彩など 様々な効果がありますので 非常に簡単に この様な見た目を作ることができます。 このレッスンでは レイヤースタイルを用いた エフェクトの設定を紹介しました。

Photoshopでレイヤーを極める!

WebやDTPでデザインをするうえで、Photoshopが使えることはもはや必須とも言えます。このコースでは特にPhotoshopのレイヤーの基本機能に注目しながら、どういった時にどの機能を使うのが一番効率がよいのかについて解説します。またさまざまなレイヤーテクニックなども紹介します。

1時間32分 (16 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。