Photoshopでレイヤーを極める!

シェイプレイヤー

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
気づかずにいつ間にか使っていることがあるのがシェイプレイヤーです。長方形ツールで図形を書くだけで作成されます。線や塗りだけでなく角丸などの設定が可能です。
講師:
04:02

字幕

気づかずにいつの間にか 使っていることがあるのが シェイプレイヤーです。 長方形ツールで 図形を描くだけで作成できます。 線や塗りだけでなく 角丸などの設定が可能です。 その方法を見ていきましょう。 左側のこちらツールパレットの ここですね。 この長方形ツール こちらを使って このように図形を描くと こちらに長方形1として 右側にこの様な四角がついた アイコンが用意されていると思います。 これがシェイプレイヤーです。 レイヤーをこのままダブルクリックすると 色を変えることができます。 ポイントはダブルクリックする場所です。 このようにレイヤーの右側をクリックすると 別の機能が立ち上がります。 このサムネイルの所をクリックする事で 自由に色を変更することができます。 またこちらの Photoshop の 一番上のオプションバー もしくはこの属性パネルなどから サイズそして塗り、線などを 設定することができます。 決まったサイズにしたい時は こちらを使うと便利ですね。 このように 300 300 で 四角を作ることができます。 また、このリンク シェイプの幅と高さはリンクとすると この横幅もしくは高さだけを変えたときに 比率を維持したまま 変更する事が可能です。 例えば、このように幅を 100 pixel にすると 右側この高さを何も入力していなくても この様に勝手に 100 pixel 100 pixel ちゃんとサイズが作られます。 比率を維持したい時には このリンクにチェックを入れて 濃い状態になっていることが大切です。 X と Y は こちらは地区ですね。 左上を起点としてどの位置に置くのか 位置をぴったり左上にしたい時は 左、X を 0、そして Y を0などとすると ぴったり上に持っていけます。 またこちら、先程このレイヤーを ダブルクリックして色を変えましたが ここでも塗りを変更することが可能です。 このようにクリックすると変わります。 線も設定できるようになったのが特徴です。 この様にクリックすると色が出てきますので 適当な色をチョイスしてみましょう。 そうするとこのように線が付きましたね。 また線はその太さ 10 とかにすると太くなりますし 線をこの中から点線や ドットなどに変えることも可能です。 なしにしたいときはクリックして こちら一番左の斜線を このようにチェックすると なしになります。 塗りも同様ですね。 また便利なのがこの機能です。 角丸にしたいとき 例えば四隅を全部 10 pixel で丸めたいときなどは ここに 10 と入力すると周りも勝手に 10 pixel として保管され カンバスのこの四角も角丸になりました。 ここのリンクを外すと それぞれを独立して編集する事が可能です。 例えば、下の左下と右下を このようにちゃんととがった 四角にしたい時などは このような設定があると非常に楽ですね。 これがシェイプレイヤーです。 このレッスンではシェイプレイヤーの 使い方について解説しました。

Photoshopでレイヤーを極める!

WebやDTPでデザインをするうえで、Photoshopが使えることはもはや必須とも言えます。このコースでは特にPhotoshopのレイヤーの基本機能に注目しながら、どういった時にどの機能を使うのが一番効率がよいのかについて解説します。またさまざまなレイヤーテクニックなども紹介します。

1時間32分 (16 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。