Photoshopでレイヤーを極める!

スマートフィルター

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
単独で成立するレイヤーではなく、レイヤーに付随するオプション的なレイヤーです。元の画像を破壊することなくいつでも修正可能なフィルターを実現する便利なものです。スマートオブジェクトと連携して使いましょう。
講師:
06:41

字幕

レイヤーなんだけど、レイヤーとは少し違う スマートフィルターというものがあります。 他のレイヤーとは違い 何もない状態でいきなり作成することはできず 他のレイヤーや画像に 紐づく形で作成される 少し変わったものなんです。 ですがスマートフィルターは その名前からもわかる通り 画像を加工する時の機能 このメニューにある「フィルター」 これをより使いやすく したものなのです。 例えば、こういう画像があります。 これを補正する時 補正をした後って後から やり直しできませんよね。 例えば「ぼかし」等を 強めにかけた後、これを OK 押してしまうと。 元の写真は無くなってしまいます。 やっぱりぼかし具合を調整しなおしたい という時は 「ヒストリー」にあれば OK ですが ない場合は 最初からファイルを開いて やり直すことが必要でした。 これをスマートフィルターを使えば 何度でも後からやり直すことができるんです。 ではスマートフィルターの使い方を 見ていきましょう。 「フィルター」> 「スマートフィルター用に変換」を押します。 ここがまず、他のレイヤーとは 違う所ですね。 普通は「レイヤー」の所から 新しく作成したりするのに対し スマートフィルターは レイヤーに近しいのにかかわらず 「フィルター」のスマートフィルター を使うようになっています。 まずは「フィルター」から 「スマートフィルター用に変換」 をクリックすると 「編集可能なスマートフィルターを 使用するために、選択したレイヤーは スマートオブジェクトに変換されます。」 というウィンドウがでてきました。 OK ボタンを押すと このようにレイヤーが スマートオブジェクト化しています。 この状況でフィルターをかけてみましょう。 こちらの「ぼかし(ガウス)」ですね。 これで OK を押すと このように先程と同じように見えるんですが 何やらいろいろレイヤーに付いてますね。 まず見たことない形 1つ下がって下に 「スマートフィルター」 というのが出てきています。 そして、その下には「ぼかし」とある。 更に言うと、ここの右側に スマートフィルターとして 三角のパネルが出てきてます。 まず、この右側ですが レイヤーがいっぱい増えた時に 見やすくなるように このように1つに格納できるんですね。 で、それに何かしらの効果がかかってるよ。 スマートフィルターとして使っているよ。 というのをわかりやすくするために このようなアイコンが出てきます。 これをクリックすると もう一度、表示させることができます。 そして、この「スマートフィルター」 ここの目のアイコンをクリックすると 非表示にして フィルターがない状況を見ることが出来ます。 先程の場合は 一度かけてしまうと 戻すのには、やり直しをするしか なかったですが フィルターですと、このように スマートフィルターとして 別で付いていますので いつでも効果を非表示にしたり 逆にオンにしたりすることが可能です。 「ぼかし」とここにあるように ここをダブルクリックすると ぼかしの加減も調整できるように なるんですね。 更にスマートフィルターは 複数の効果を付けることが可能です。 「フィルター」から、こちら 「ノイズ」 「ノイズ」を選択して 「ノイズを加える」をクリックし このようにいっぱい ノイズを付けてみましょう。 OK を押すと、このように 「ぼかし」の他に 「ノイズ」も追加されています。 このレイヤーに対して フィルターを適用していくと どんどん、それが ここのスマートフィルターの所に 追加されていくんですね。 このような形になります。 やはり機能を無くしたい時は 非表示にしてしまっても大丈夫ですし また、これをドラッグして ゴミ箱に入れても 削除ができます。 更に、ありがたいのが 背景をデザインする時など 新規の塗りつぶしから 「べた塗り」で 色を付けていたと思います。 ただこれに、少しノイズ等を加えて 紙のような質感を出したい時 これまでは、このようにノイズを加えると ラスタライズをする必要があります。 ラスタライズを加えてしまうと あとはもう色の変更ができないんですね。 ですが、やっぱり色を変えたまま ノイズを残したい という状況も多いと思います。 そんな時にも スマートフィルターは便利です。 まず、同じように 「フィルター」から 「スマートフィルター用に変換」 を押して スマートオブジェクトに変換します。 こうすると、スマートオブジェクトですので 別ファイルとして塗りつぶしが このように保管されていますね。 これでフィルターをかけたいものを 選択して、先程と同じように 「ノイズ」を加えると このような形になりました。 後は、こちら スマートオブジェクト側をダブルクリックして 色をこのように変更して ファイルを保存して戻れば このように、フィルターをかけているのに 色を変更することができます。 これを行うことで 紙のような質感だけれども 色を様々に変更したくなった時も 何度も同じことをしないで このように作業することができます。 フィルターはよく使われる 機能ではあるんですが 今までの方法だと 巻き戻しするのが難しかったです。 最初からやり直したり 「ヒストリー」で戻って これまでの作業を 最初からやらなくてはいけなかったんです。 しかし、このように スマートフィルターを使うことで 作業の途中でも この部分だけ ピンポイントで変更を加えることが 可能になりました。 より自由に調整などに 注力できるようになったんですね。 凄く便利です。 このレッスンではフィルターの スマートフィルターの使い方について 紹介しました。

Photoshopでレイヤーを極める!

WebやDTPでデザインをするうえで、Photoshopが使えることはもはや必須とも言えます。このコースでは特にPhotoshopのレイヤーの基本機能に注目しながら、どういった時にどの機能を使うのが一番効率がよいのかについて解説します。またさまざまなレイヤーテクニックなども紹介します。

1時間32分 (16 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。