Photoshopでレイヤーを極める!

移動ツールで選択

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
移動ツールの「自動選択」にチェックを入れると、カンバス上で目的のものをクリックするだけで、移動や選択が可能になります。
講師:
03:45

字幕

レイヤーの選択は 非常によく行われるものです。 なのでいくつかの方法が 用意されています。 どれが正解というのはありません。 自分の操作方法に なじむものを使っていきましょう。 同じ結果でも人によって操作方法が違うので それを観察するのも楽しいですよ。 このレッスンではレイヤーの選択を 自動的に選択する その便利な方法について紹介していきます。 設定方法は非常に簡単です。 移動ツールになっていることを確認して 一番上のオプションバーから この自動選択 これをクリックします。 表示されたピクセル上をクリックして グループまたはレイヤーを自動的に選択します というものですね。 実際にどういうものか見てみましょう。 このみんなで作るの 青丸をクリックしてみます。 本当はこのレイヤーのパレットの中から このみんなで作るの 緑色の円を選択したいと思います。 通常であればレイヤーパレットから それを見つけて クリックするのが良いのですが この移動ツールで自動選択が入っていると クリックしただけで 選択し 移動をしたりすることができます。 クリックしてみましょう。 このように右側のレイヤーの所の 選択が移動しましたね。 これでこのようにすると いくつかがこの緑の丸 そしてみんなで作るの そして背景が選択されています。 これはこのレイヤー、ロゴというので 一緒になっているからなんですね。 これの場合、ここの設定が重要です。 今はグループとなっているので クリックすると このグループ全体が選択されています。 変更したい場合は こちらをクリックして レイヤーに変えておきましょう。 また選択しているのが分かリやすくするために こちら、バウンディングボックスと いうの表示させると良いです。 チェックを入れます。 そして同様にクリックしてみましょう。 そうすると先程とは異なり ちゃんとこの緑の丸だけが選択され 更に選択されたのが分かりやすいように この四角が出てきました。 これで移動する事が可能です。 戻りますね。 バウンディングボックスは 非常に便利で これはこのように 四隅の端っこに合わせると 拡大ができますし そして この様に少し外すと 回転が可能になります。 そして Enter キーを押すことで 確定ができます。 他のツールをクリックしても大丈夫です。 大きくして他のツールをクリックすると 変更を適用しますかと出るので 適用ボタンを押してください。 バウンディングボックス ここにチェックを入れておくと この様に出て便利ですね。 この変形に関してはこちら 「自由変形」で つど行うことができるのですが 慣れないうちはこの自動選択と バウンディングボックスを併用して 上手く使っていくと 直感的に選択ができるでしょう。 このレッスンでは 移動ツールの自動選択 そしてそのグループ化レイヤー 更に バウンディングボックスの表示を使うことで 思ったまま選択できる様な方法を 紹介しました。

Photoshopでレイヤーを極める!

WebやDTPでデザインをするうえで、Photoshopが使えることはもはや必須とも言えます。このコースでは特にPhotoshopのレイヤーの基本機能に注目しながら、どういった時にどの機能を使うのが一番効率がよいのかについて解説します。またさまざまなレイヤーテクニックなども紹介します。

1時間32分 (16 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。