Photoshopでレイヤーを極める!

右クリックで選択

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
さまざまな要素が重なっているときは、目的の要素を右クリックすることでコンテキストメニューを表示させ、そこから選ぶ方法を使います。
講師:
03:42

字幕

イラストやこのようなウェブサイトなど 要素が重なっていると その背面にあるものなどを 選択しづらくなりますよね。 そんなときに便利なのが 右クリックを利用する方法です。 レイヤーの構成や レイヤー名が表示されるので 複雑に絡み合った場合でも 簡単に背面の要素を選択できます。 このレッスンで早速見てみましょう。 例えばこのオムライスのイラスト、 この卵の影を 選択したいですね、このグレーの部分。 例えばこれを自動選択でやってみると このように細かい所を 選択していく必要があって 非常に大変です。うまく選択できない時も 多々あるでしょう。 そういう時、一回自動選択を外しておいて ただの移動ツールの状態にします。 このオムライスの影の部分を 選択したいですよね。 その時に右クリックして、このように レイヤーの構成を見ていくことができるので ここで目的のものを見つけて クリックすることができます。 そうすると後ろにあるものも 簡単に選択ができるので 構成を把握していれば 非常に速い選択が可能です。 例えばこのお皿の時も このように右クリックをすると レイヤーパレットが変わりましたね。 今自分が選択されているところが 動的に連動しているので このブロッコリーも このように選択が移動します。 こうすることで例えば このように文字が入り組んでいるところで テキストを選択したいのか その背景のこの円を選択したいのかを 少し大まかな選択で チョイスすることができます。 文字がたくさんある時や 重なっているときは非常に便利ですね。 ただこの時注意が必要です。 このように選択したときに、ここにあるように レイヤーとかなどなっていると 何が何だかわからないですよね。 表示・非表示にして 「あっこれだ」となる必要があります。 それを避けるために、このように あらかじめ名前を しっかりつけておくことが必要です。 これはプレートと書いてあったので お皿だということがわかりますね。 またステータスバーということで ここの場面なんだなということが分かります。 なのでレイヤー名は、しっかり つけておくように心がけましょう。 そうすることで右クリックと活用して 大まかに選択し そこもレイヤーの構成を見て 背面を選択する場合は一つずつずらす などすることで 影の部分とか重なった難しい所などを 簡単に選択することができます。 まとめとしては右クリックで 背面にあるものや レイヤーの構成自体を呼び出せるので 近くにない場合でも すぐに選択ができるという事と そのためにはこの右クリックで出たときに 何かがすぐ分かるように しっかりレイヤー名などに 関連した名前を つけておくということの大切さ この二つですね。 これで、ここはトマトだ、と すぐ分かるようになるので レイヤー名をつけることを 徹底しておきましょう。 このレッスンでは 右クリックを利用した選択方法と レイヤー命名の大切さについて紹介しました。

Photoshopでレイヤーを極める!

WebやDTPでデザインをするうえで、Photoshopが使えることはもはや必須とも言えます。このコースでは特にPhotoshopのレイヤーの基本機能に注目しながら、どういった時にどの機能を使うのが一番効率がよいのかについて解説します。またさまざまなレイヤーテクニックなども紹介します。

1時間32分 (16 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。