プロのテクニック "花魁と緋牡丹"

ライブカラーで色をつける

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ライブカラーで花弁に色をつけます。
講師:
01:30

字幕

このレッスンでは ボタンのイラストの描き方について グレーで陰影で起こしたボタンの花に ライブカラーで色を付けます。 他の色を付ける可能性も あるかもしれないので これはまた別のファイルで取っておいて 赤で使うボタンですね 色を付けていきます。 まず全部選択します。 こんな風に3つのレイヤーで 分かれて描いてありますね。 全部選択して、ここです。 オブジェクトを再配色 ライブカラーで 色を付けていきます。 まずこの配色オプションの所を ダブルクリックして ホワイト、ブラック、グレー 全部チェックを外します。 編集の方にいきますね。 ハーモニーカラーリンクをクリックして ここです。 赤なので H は0ですね。 真っ赤にします。 S の値をズバンッと上げます。 これで色が付きました。 こんな風にグレーに赤の色を付けるのは ライブカラーでやれば簡単ですね。 グラデーションが重なっていたりとか アピアランスを使っていたりしても 関係なく色を付けることができます。 このレッスンでは ボタンのイラストの描き方について グレーで陰影を起こしたボタンの花に ライブカラーで色を付けました。

プロのテクニック "花魁と緋牡丹"

このコースではAdobe Illustrator CCの公式サンプルアート「Scarlet Peony and Courtesan(緋牡丹と花魁)」で実際に使用したさまざまなテクニックや機能などについて解説します。線幅ツールや線グラデーション、写真からイラストを描き起こす方法やイラストを使い回す改変テクニック、光輝くハレーションの表現などについて説明します。

1時間26分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年06月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。