プロのテクニック "花魁と緋牡丹"

牡丹のイラストを改変して着物の柄に流用する。

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
牡丹のイラストを変更して着物の柄に流用します。
講師:
03:59

字幕

このレッスンでは、 写真を元に起こした牡丹のイラストを 着物の柄用に改変して 流用するテクニックを解説します。 ここに写真を元に起こした 牡丹のイラストがあります。 あと、葉っぱですね。 せっかく起こしたので、 着物の柄にも 使いまわしをしようと思いました。 ですので、着物の柄に使えるように、 この写実風なイラストを ちょっと着物の柄っぽく 変えていきたいと思います。 まず、「ダイレクト選択」ツールで この花びらの陰影の部分ですね。 これを、ここの部分を選択します。 これ、描く時に、 明るいグレーから白い色、 円のグラデーションで 統一して描いています。 ですので、陰影の部分は 一気に外すことができるようになっています。 これも使い回しをしやすいための データづくりの一環なんですけれども、 「カラー(塗り)」で、 共通で選択しますね。 そうすると、陰影の部分だけが 選択されるので、 これで削除できます。 こちらもですね。 こんな感じになりますね。 この状態で ... ちょっと葉っぱはどけておきましょう。 ... この状態で、線の部分を 用意した金色で塗ります。 少し太くします。 こんな感じですね。 こんな風に柄っぽく、 布地に描いた柄のような感じに なると思います。 そして、この芯の部分ですね。 芯の部分は、 これは1つのグラフィックスタイルで、 全部、出来ていますので、 これもグラフィックスタイル 「アピアランス」で選択して、 一度、 こんな感じですね、外します。 「アピアランスを消去」します。 消去した上で、 改めて、金色ですね。 用意してある金色で線を設定して、 5 pt ですね。 太くします。 それから角を丸くします。 こんな風に変えることが出来ます。 同じですね。 ここからチラッと見えている芯の部分も 同じ処理をします。 こんな感じですね。 これで、布の柄のようなタッチに 変更することができました。 あと、葉っぱですね。 葉っぱの方も合わせて選択して、 こちらは葉っぱの部分を グレー、黒にしようと思います。 「オブジェクトを再配色」で、 一気に選びますね。 「編集」 「ハーモニーカラーをリンク」しておいて、 彩度を全部下げます。 この状態で黒に近くして、 こんな感じですね。 OK します。 線の部分ですね。 線の部分に用意してある金色を 適用して、太くして、 こんな感じですね。 これで、葉っぱの部分も 着物の柄に使えるような感じに 変更できました。 このレッスンでは、 写真を元に起こした牡丹のイラストを 着物の柄用に改変するテクニックを 解説しました。

プロのテクニック "花魁と緋牡丹"

このコースではAdobe Illustrator CCの公式サンプルアート「Scarlet Peony and Courtesan(緋牡丹と花魁)」で実際に使用したさまざまなテクニックや機能などについて解説します。線幅ツールや線グラデーション、写真からイラストを描き起こす方法やイラストを使い回す改変テクニック、光輝くハレーションの表現などについて説明します。

1時間26分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年06月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。