プロのテクニック "花魁と緋牡丹"

梅の花は図形を使用して描く。

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
図形ツールで円を描き、変形、回転、コピーなどを使って梅の図案を描いてゆきます。
講師:
02:57

字幕

このレッスンでは、 着物の襟部分の柄、 梅の花のパーツの作り方を解説します。 図形を変形したり、 回転したりして作ります。 ここの部分ですね。 ちょっと拡大してみます。 こんな感じになってますね。 五角形の梅の花の、 割と春のような色の色使いの、 ピンクとオレンジで作ってあります。 こちらですね。 この五角形の花の作り方です。 簡単です。 まず Shift キーを押しながら、 円を描きます。 そして、ダイレクト選択ツールで、 下の部分を少し伸ばします。 拡大 / 縮小ツールで、 ぎゅっと細く、小さくしますね。 こんな感じです。 そしたら、回転ツールで、 Mac だったら Option キー、 Windows だったら Alt キーを 押しながらクリックすると、 クリックした箇所を基準に回転します。 クリックするとダイアログが出るので、 72 「コピー」 コピー、コピー。 こんな感じですね。 梅の花、もうできました。 では、これをグループ化して、 「回転ツール」ですね。 36 「コピー」 そして、後ろの方を拡大しますね。 こんな感じです。 色を少し変えます。 こんな感じでしょうか。 そして、これらもまた、 グループ化しておいて、 円を重ねますね。 こんな感じですね。 ちょっと大きいですか。 これぐらいかな。 あと、この周りの部分ですね。 小さい円を描いて、 「リフレクトツール」で、 真ん中を中心に反転します。 そして、「回転ツール」で、 30 度。 「コピー」ですね。 こんな感じです。 こんな風にして作ります。 梅のパーツですね。 これをコピー&ペーストして、 色を少し変えたりするなどして、 並べて着物の衿の柄に作っていきます。 このレッスンでは、着物の衿の柄の部分、 梅の花のパーツの作り方を解説しました。

プロのテクニック "花魁と緋牡丹"

このコースではAdobe Illustrator CCの公式サンプルアート「Scarlet Peony and Courtesan(緋牡丹と花魁)」で実際に使用したさまざまなテクニックや機能などについて解説します。線幅ツールや線グラデーション、写真からイラストを描き起こす方法やイラストを使い回す改変テクニック、光輝くハレーションの表現などについて説明します。

1時間26分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年06月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。