プロのテクニック "花魁と緋牡丹"

帯の金襴を画像を読み込んで設定する。

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
帯の金襴は画像をパターンにして設定し、グラデーションの描画モードとあわせてキンキラにします。
講師:
04:05

字幕

このレッスンでは、花魁の帯の 金襴の作り方を解説します。 画像とグラデーション、 描画モードを使用して、 キンキラのピカピカにします。 帯ですね。 今、仮に、金色っぽい色を あててありますけれども、 これを、画像を塗りに使って、 キラキラにしていきます。 2つの画像を使用します。 これは鶏の尾羽に使ったものと 同じ画像です。 お菓子のパッケージのフィルムから 写真も撮って、 それを Photoshop で加工して作りました。 キラキラして、光ってますね。 それから、こちらは同じ画像を使って、 少しフィルターで処理などをして、 こんな風に、パターンの基になる画像を Photoshop で作って読み込みました。 この2つを利用します。 これ両方ですね、 その埋め込みをした後で、 画像を埋め込みをして、 それから「スウォッチパネル」にドラッグして、 2つともパターンに登録してしまいます。 これと、これですね。 それぞれ登録してあります。 そしてですね、ここです。 「アピアランス」を使って、 塗っていきますね。 まず、1つ「塗り」を増やして、 さっき登録したパターンで塗っています。 「通常」だと、こんな感じになりますね。 画像が繰り返されて、 パターンで塗られているのがわかります。 これを「ハードライト」に設定します。 そうすると、下の色に対して、 このグレー、画像のグレースケールが ハードライトの効果がかかって キラキラになりますね。 このままだと、 帯の画像にしてはちょっと浅いので、 少し深い色を足していきます。 グラデーションを重ねますね。 グラデーションを重ねています。 「通常」でしたら こんな感じになりますね。 「グラデーション」は、 この、基の金色のような黄土色、 カーキから 同じカーキを 20% 、 「不透明度 : 20%」まで下げた 透明にした円グラデーションを この辺を中心にして、下に行く程 不透明度が上がるような感じであてています。 それを今度は、 「焼き込みカラー」にしています。 焼き込みにすることで、 濃い部分は、より茶色っぽくなりますね。 この状態です。 この状態で、更に、 先程登録したパターンですね、 三角形のパターンを塗ります。 これは通常モードで、 70% 不透明度で塗っています。 そうすると、この下の濃い部分と、 その乗っかってるパターンの 透けてない部分が交互になって、 こんな風に、帯に柄が付いた、 折り目が付いたような感じになりますね。 こんな状態で、 金ピカの帯を作りました。 「アピアランス」を4つ重ねています。 パターンとグラデーションの覆い焼き、 それから画像のハードライトで、 基の下地の色です。 同じように適用しますね。 こんな感じになってます。 これは単純にオブジェクトで 作っているのですけれども、 緑と青、それから茶色ですね。 それから、赤を挿し色にした こんなオブジェクトを重ねて 帯の金色の豪華な 布地のパターンを作っています。 ここに鶏を乗せて、帯が完成します。 このレッスンでは、花魁の帯の 金襴の作り方を解説しました。 画像とグラデーション、 描画モードを使用して、 アピアランスを4つ重ねています。

プロのテクニック "花魁と緋牡丹"

このコースではAdobe Illustrator CCの公式サンプルアート「Scarlet Peony and Courtesan(緋牡丹と花魁)」で実際に使用したさまざまなテクニックや機能などについて解説します。線幅ツールや線グラデーション、写真からイラストを描き起こす方法やイラストを使い回す改変テクニック、光輝くハレーションの表現などについて説明します。

1時間26分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年06月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。