基本を押さえてイラスト作成を極める!

グラデーションでできること

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラデーションの使い方と、色を作る際のコツなどを解説します。
講師:
09:16

字幕

このレッスンでは「グラデーションパネル」と 「グラデーションツール」の使い方 そのコツ等を解説します むやみに使えばいいと言うものでも 無いですけども グラデーションが使いこなせると 立体的な見せ方や 色の組み合わせに厚みが出る 表現の幅が広がるのでは無いでしょうか ではまず「長方形ツール」で 仮に適当な長方形を描いて 塗りにグラデーションを適用します 「グラデーションパネル」は ここにあります 取り出して表示しておきましょう こっちは閉じる 線は無しにして 「塗り」にグラデーションを適用しました 0 %から 100 %まで 滑らかに色が移り変わって行く これがグラデーションです グラデーションに色を設定してみます 0% の部分この「グラデーションスライダー」を ダブルクリックして 0% のところには黄色を設定しました 100% のところには緑を設定しました 黄色 100% から緑 100% まで きれいにグラデーションが 滑らかにかかっていると思います では「グラデーションパネル」の 解説をしていこうと思います まずグラデーションですが「中間点」「位置」 というダイアローグになっていますけど 「位置」を変更する事が出来ます 今 丁度この真ん中の色の移り変わりが 丁度半々になっている部分を こんな風に移動させる事が出来ますね 極端に広くしたり 真ん中にしたりする事が出来ます グラデーションは色だけで無く 不透明度を設定する事も出来ます 例えば 0% の黄色の部分の不透明度を 20% に設定してみましょう 薄くなったのがわかるでしょうか ここは黄色の濃度が 20%、不透明が 20% になっています わかりやすい様にレイヤーの背景を しましまにしてみましょう そうすると下の背景のオブジェクトが 透けて見えるのがわかると思います こちらの 100% のサイドは透けていない 緑 100% の不透明度のままなので 透けていないですね 試しに 100% の方の不透明を 50% に設定してみると こんな感じに こっちは黄色の 20% こっちは緑の 50% で 下の模様が透けて見えます 一度分かりにくいので不透明度を 100% に戻しますね 背景のしましまも見ずらいので 消してしまいます 「グラデーション」は角度を 設定する事も出来ます ここですね 「グラデーションパネル」の「角度」 今丁度オブジェクトの 左から右へ 0% から 100% に なっていますけれども ここを例えば 90 度に変更すると こんな感じですね 上から下 下から上 角度は 90 度で変化しています −90 度にすると反転しますね 例えばこれを 60 度にすると こんな感じに ここから ここへ 角度 60 度のグラデーションに なっている事がわかります グラデーションは二色の変化だけでは 無くて沢山色んな色に変化させる事が出来ます 例えば真ん中に位置 50% のところに 「グラデーション スライダー」を一つ 増やしました ここの色を青に変えてみましょう 黄色から青になって緑になる 三段回のグラデーションを 今設定する事が出来ました 勿論三色だけで無く 一杯増やす事が出来ます 例えばこんな感じにしたりとか グラデーションの色の変化を 沢山変えたりする事で 例えば金属の光沢だとか木目の様なもの だとかを表現する事も可能です 「グラデーション」には種類があります ここにありますね 「種類」をプルダウンすると 「線形」もしくは「円形」を 選ぶことが出来ます 今デフォルトでは「線形」に なっているので「円形」を選んでみます 0% が中心になります 一番 縁の方が 100% 0%を中心に同心円状のグラデーションに なっていきます 次に「グラデーション パネル」では無くて 「グラデーション ツール」の方を 選択してみますね こんな風に「グラデーション ツール」を 選択すると グラデーションのかかり具合 今どこにグラデーションがかかっているか という様なものが この様に表示されます このラインにカーソルを当てると グラデーションのバーが表示され これはここにあるものと同じものですね 「グラデーション スライダー」が 表示されます オブジェクトの塗りの位置に 直接表示されますので これをこの様にドラッグして オブジェクトのどの位置に グラデーション当たるかを移動させて 編集する事が出来ます 直接ドラッグして ここからここまで こんな感じに 直感的にグラデーションを 指示する事も出来ます ちょっと小さめにしてみますね 角度が今 179 度 0 度に戻してみましょう ここからここまでの 0 度の角度になっています 円グラデーションの場合 ここにもダイアログがありますけれど 楕円のグラデーションに変形させる事が 出来ます この黒い点をぎゅっとドラッグすると こんな風に楕円のグラデーションに 変形させる事が出来ます またこの黒丸のところ カーソルがグルンと矢印になったのが わかりますでしょうか こんな感じに角度を回転させる事も出来ますし パネルの方で角度を戻したり 縦にしたり横にしたりも可能です ツールとパネルの数字は 常に連動して動きますので 気に入らないければ こっちで直したり 元に戻したりという事も可能になっています 線グラデーションに戻してみましょう 0% から 100% までの素直グラデーションに なっています 勿論これもドラッグして位置を変える事が 出来ます またここのグラデーション スライダーで 直接色を変更する事も出来ます 例えばこの 0% の黄色部分を ダブルクリックすると 「スオッチ」もしくは「カラースライダー」と 切り替えが出来ますので 例えばここを青にするとか もしくはこの中間点の ここをダブルクリックして白にするとか この様直接グラデーションが 適用されたオブジェクトの上で 編集する事が出来ますので 非常に分かりやすい 分かりやすく編集する事が出来ます 中間点も勿論こんな風に変える事が出来ますね このレッスンでは「グラデーションパネル」と ツールの使い方を主に解説しました

基本を押さえてイラスト作成を極める!

このコースではIllustratorの使いこなすさまざまな方法を解説します。図形ツールで簡単なキャラクターを描く方法から、効果を利用した花の描き方、グラデーションの使いや立体表現、パターンの使い方やアピアランスの効率的な活用方法、さらにはペンツールの詳細な解説やイラストのトレース作業までたっぷり紹介します。

4時間32分 (45 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。