基本を押さえてイラスト作成を極める!

パンクをつかってお花を簡単に描く。

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スターツールや多角形とパンクの効果を組み合わせて、お花を簡単に書きます。
講師:
08:22

字幕

このレッスンでは 効果のパンクと膨張その他の機能を使って お花のイラストを簡単に作る方法を解説します フラワーという AI データが プロジェクトファイルに入っていますので 参照してください では早速作ってみましょう 「多角形ツール」を使います 「多角形ツール」はこの「長方形ツール」の 「楕円形ツール」の一つ下 ここにありますね 選択して画面をクリックします 辺の数を 12 にして 半径を 100 にします こんな感じですね 真ん中に寄せておきます では色を塗っておきましょう スウォッチパネルから水色を選択して ちょっと濃いので カラーパネルの HSB スライダーで S の値を少し下げて B の値を上げておきます 少し薄すぎるので S の値を もう少し上げておきます これ位ですね 線の色は「なし」にしておきます こんな感じですね 水色の 十ニ角形です これに効果を掛けますね 「パスの変形」>「パンク・膨張...」 ここにあります これを掛けます 分かりやすいようにプレビューしておきますね 膨張を 100 にしてみます どうですか こんな感じです お花になりました 一発ですね 膨張の値を例えば小さくすると こんな感じのお花になりますね もっと小さくするとこんな感じです 大きくするとびよーんとなりますので そこは加減のいい位 100 位にしておきますね お花が描けました これだけだとちょっと寂しい感じもするので これはこれで使いようはあるんですけれども アピアランスをいじって もう少し応用を効かせてみようと思います Mac なら option キー Windows なら Alt キーを押しながら ドラッグすると複製されます はい こちらですね ではこれを少し変更していこうと思います アピアランスパネルで 色を少し変えますね ここです ピンクにしましょうか このスウォッチパネルのここにありますね 薄いのと濃いのがありますので 濃いピンクの方にしておきます パンク・膨張が 今 塗りではなくて 全体に掛かっているので これをドラッグして 塗りの中に入れてしまいます こんな感じですね 塗りの中に入りました この状態でコピーします ドラッグしてコピーしてもいいですし そのままこの選択した項目を 複製ボタンを押せばコピーされますね 今 二つ重なっている状態になりました では上の方にある塗りを 薄いピンクに変更します そうすると二つ重なっているので 下の方は見えなくなっていますね ここに「効果」メニューから 「パスの変形」>「変形」を選びます そしてこの角度を 15 度にしますね プレビューをしてみましょう こんな感じです 回転させて上にある塗りをずらして 下にある塗りを表示している状態ですね こんな感じです かなりゴージャスなお花になったと思います 真ん中に丸い部分を作っていきましょう 「新規塗りを追加」ボタンをクリックします そうするとただのピンクの塗りが 追加されますので ここの色をオレンジ色に変えます そうしたら― 効果メニューの 「形状に変換」>「楕円形」を選択します 値を追加にしてここは 0 にしておきますね 両方とも これで大きな丸になりました 塗りの部分を選択してここで 効果>パスの変形>変形 を掛けます 30% 位でしょうか プレビューしますね こんな感じです これでちょっとゴージャスな感じの お花が描けました グラフィックスタイルに登録しておきますね こんな感じに グラフィックスタイルに登録しました 例えばこのお花のグラフィックスタイルを 十ニ角形ではなくて 八角形に掛けたらどんな感じか グラフィックスタイルを適用します こんな感じになります 角度が違うので ちょっとずれ方が変わって こんな感じのお花になりますね 例えばこれにグラデーションを選択してみると 下のピンクにピンクのグラデーション 上のピンクにも薄いピンクのグラデーション こんな感じですかね 楕円の部分 一番上の丸いところにも こんな感じのグラデーションを掛けてみます そうするとまた違った雰囲気の お花になると思います 簡単ですね 簡単ですし アピアランスにしておくと 色んな変更も楽ですね もう一つ「スターツール」を 使う方法もあります 「スターツール」 この「多角形ツール」の下にありますね クリックして 点の数は 5 にしておきましょう よくある星の大きさですね こんな感じです 塗りは...そうですね 薄いピンクの グラデーションにしておきましょう これに― 効果>パスの変形>パンク・膨張... を掛けます プレビューしておきますね ぐぐっと これ位でしょうか 桜の花の形になりますね パンクはこの辺の部分を もりっと膨らませる機能ですので 多角形の場合は 辺の部分は素直に花びらになります スターの場合はここにこう 二つ辺があるので こんな感じに桜の花びらのような 形になりますね 五角形ではどんな感じになるでしょうか 少し小さめにしておきましょう 60 五角形にパンク効果を適用すると― こんな感じのお花になりますね 五角形は横幅と縦の長さが違いますので ちょっといびつな歪んだ感じになります 例えばこれには ちょっと濃い目の グラデーションを設定してみましょう そうするとプルメリアみたいな感じの お花になりますね こうやって増やして 少し回転を掛けてあげると また違った雰囲気になると思います このレッスンでは パンクと膨張で 簡単にさくさくっと お花のイラストを作る方法を解説しました

基本を押さえてイラスト作成を極める!

このコースではIllustratorの使いこなすさまざまな方法を解説します。図形ツールで簡単なキャラクターを描く方法から、効果を利用した花の描き方、グラデーションの使いや立体表現、パターンの使い方やアピアランスの効率的な活用方法、さらにはペンツールの詳細な解説やイラストのトレース作業までたっぷり紹介します。

4時間32分 (45 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。