基本を押さえてイラスト作成を極める!

うねったバナーリボンの作り方

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
うねったりアーチ上のバナーリボンの作り方を解説します。文字を入れて一緒に変形する方法もあわせて解説します。
講師:
14:20

字幕

このレッスンではうねったリボンバナーの アピアランスを使った簡単な作り方と テキストを一緒にうねらせるコツ を解説します 流用しやすいデータを作って 効率的に運用します ではリボンバナーを作っていこうと思います 「長方形ツール」を使います まずリボンを描きますね 画面をクリックして 幅 600 高さ 80 「OK」します こんな感じですね 塗りを設定しましょう グラデーションを作っていきます リボンのつやのあるサテンぽい感じの グラデーションを作っていきます 「グラデーション」 まずは色を作ります カラーパネルを HSB にします H の値を 24 それから S の値は 100 それから B の値を 30 こんな感じですね ちょっと濃い目の深い茶色の リボンを作ろうと思います この色を「スウォッチ」に保存しておきます もう1色薄い部分 もう作っておきますね H はそのまま S の値を 60 B の値を 70 ちょっと明るくしますね こんな感じに薄い色も 「スウォッチ」パネルに登録しておきます こうしておくとグラデーション 作るときに手順が楽になります では「グラデーション」を作っていきます 0% の部分ですね ここに さっき作った濃い茶色を適用します これですね そして 100% の部分にも 濃い茶色を適用します そして真ん中 位置真ん中の部分ですね これを 50% にしておきます にも同じ色を適用しました 次にここですね 25% 半分の半分の場所に 薄い茶色を適用します ここですね これこちらにも ここは 75% ですね 半分の半分の場所に 薄い茶色を適用します これでちょっと派手な感じの 茶色いサテンのリボンの グラデーションがなんとなく できたと思います そうしたら線の色は なしにしておきます 「長方形ツール」で 長方形を描きます 画面上をクリックして 幅 200 高さ 80 こんな感じですね これを折り返しの部分にします この辺りに重ねますね 端っこの部分を三角に 切り落としておきたいので 「ペンツール」で パスの上の部分を 交差する部分をクリックします アンカーポイントが1つ増えましたので 「ダイレクト選択ツール」に持ち替えて このアンカーポイントを Shift キーを押しながら ぐっと こんな感じですね 三角形の切れ込みを入れました もう少し位置をこちらにしておきましょう ずらしておきましょう こんな感じですね グラデーションのかかり具合がちょっと 急すぎるので グラデーションツールで 少し位置を これぐらいでしょうか にしておきます そうするとこの照かりの部分の 真ん中辺に来ますね では金色の帯を入れていきたいと思います 「長方形ツール」で クリックして 幅は 600 高さは 6 だと ちょっと低い... 6 ぐらいですかね この色を茶色から 金色の帯にしたいと思いますので ここですね ライブカラー 「オブジェクトを再配色」 を選択します 「編集」メニューに切り替えて ここですね 「ハーモニーカラーをリンク」 しておきます そして H の値を 45 これぐらいでしょうか そして明度をやや明るくします これくらいですね それから 切り替えて 彩度を高くしておきます これぐらいでしょうか こんな感じですね こんな感じに変わっています 「OK」します なんとなく金色の感じに なったと思います グラデーションの位置が今ずれているので これを端っこから端っこに 戻しておきますね こんな感じです 金色の帯がが出来ました これを重ね合わせておきます こんな感じですね 下にも入れましょう こんな感じでしょうか そうしたら この端っこの部分にも 帯を入れましょう 同じ 金色の帯の部分を選択して Mac だったら option キー Windows だったら Alt キーを押しながら こんな感じですかね ずらして 複製します ちょっとずれましたね これぐらいでしょうか そうしたら要らない部分をカットしていきます 両方とも そうですね この金の帯2つと あとこの切れはしの部分ですね 折り返しの部分を Shift キーを押しながら全部選択して 「シェイプ形成ツール」を選択します Mac だったら option キー Windows だったら Alt キーを選択して カーソルはマイナスになりますね で要らない部分をクリック クリック クリック クリックしておきます そうすると要らない部分は削除されました 今 金色の帯の部分のグラデーションが ちょっと変わってしまったので もう1度選択したまま グラデーションの位置を調節しておきます こんな感じですかね もう少し長い方が良いかな こんな感じですね ではこれを「オブジェクト」を 「重ね順」>「最背面へ」移動します こんな感じで 重なったリボンができました ここの重なってる この裏側の所ですね ここの部分に三角形の 裏地の部分がちょっと見えている部分を 作っておきましょう 「長方形ツール」を選択して ここですね ここの角からここの角 までの長方形を描きます 色は濃いほうの茶色で良いと思います そして「ペンツール」で ここの左角下のアンカーポイントを削除します そうするとこんなふうに 折り返しのリボンができると思います そうしたら この折り返しの 裏側の部分を 一気に選択して 三角の部分も Shift キーを押しながら選択します この状態ですね 裏側にあるものを選択して 「リフレクトツール」 でこの真ん中辺り 真ん中ですね 真ん中をクリックして Mac だったら option キー Windows だったら Alt キーを押しながら ぐるっと反対側に 複製します 「オブジェクト」>「重ね順」 >「最背面へ」 移動します これでリボンバナーができました ではこれら全部のオブジェクトを 選択してグループ化しておきます この状態でリボンをうねらせてみます 「効果」メニューから「ワープ」 から「旗」ですね 「旗」を選びます ちょっと見づらいです こんな感じにうねらせることができます 逆側 こっち側だと逆バージョンですね こんな感じです よく見ますね こういうバナーの 文字が入ったものですね これぐらいにしておきます うねり具合は 100% から 0% まで スライダで調節することができますので とりあえずここは 50% ぐらいに しておきましょう こんな感じですかね 「OK」します どうでしょうか うねったリボンが簡単にできました ではここに文字の入ったもの を作りたいと思います 文字は 茶色いリボンは そうですね テキストを選択して 画面クリックします 文字を入力します AUTUMN FAIR よくありますね なんで英語なのかって思いますけど AUTUMN FAIR っていう 文字にしました 茶色のリボンで秋っぽい感じですよね ではフォントを 何を使いましょうか Copperplate にしますか ちょっとクラシックな感じ Copperplate Gothic Bold を選択しました 大きさはですね そうですね 40 pt... 48 pt ぐらいでしょうか こんな感じですね センター合わせにしておきます 中央揃えにしておきますね ではこれをリボンの上に 載せていきたいと思います 一度リボンのオブジェクトを選択して 「アピアランス」から「ワープ」 今ここですね グループにワープがかかっています これを... 表示をオフにします そうすると真っすぐに戻りますので ここで位置を合わせます 大体真ん中に合わせましょう こんな感じでしょうか 色はですね 白にしておきましょう こんな感じですね こんな感じに文字が載った状態にして うねらせたいです 今「オブジェクト」のほうの「ワープ」を 非表示にしてあるので もう1度表示にしますね こんな感じになります ここで「レイヤー」パネルを開きます 「レイヤー」には今作った リボンのグループと 入力した文字が 表示されていますね グループを開いて文字を このリボンのグループの一番上の部分に ドラッグしてグループの中に 入れてやります そうすると こんなふうに グループ自体に アピアランスがかかっているので 文字を入れれば同じグループ内の ワープの変形のアピアランスがかかります こんな感じですね リボンに文字が入っていて リボンと一緒にうねっている というリボンバナーの作り方を 解説しました ここから このデータの便利な所 使いまわしですね 流用の仕方をやっておこうと思います 秋に作った AUTUMN FAIR を 冬にも使いまわしをしましょう というものですね じゃあこれを Mac だったら option キー Windows だったら Alt キーを押しながら Shift を押しながら 複製します ちょっと今みづらいので 一旦うねりを非表示にしまして ここの AUTUMN FAIR を WINTER WINTER FAIR に使いまわしますよ ということですね 打ち変えました あとは このリボンの色を 変えていきます 選択して ここですね 再配色です これを選択します そうして リボンの色は この上の2色なので 下の金色の2色は 変更しないので この真ん中をクリックして 変更しない 矢印を消しておきます この状態にして 「編集」メニューにして 見やすいように ちょっとずらしておきますけれども これぐらいですかね 「ハーモニーをリンク」します この状態で H の値を ぐぐぐぐぐっと 青方向に振っていく こんな感じですかね ちょっとロイヤルブルーみたいな感じの 青い色 濃い目の青になりました これで「OK」します こんな感じですね じゃあちょっとうねり具合も 変えていきましょう 「アピアランス」から 「ワープ:旗」 これを表示にして もう1度ここをクリックして 「ワープ:旗」をクリックして 効果を編集します こんな感じですね じゃあ今度は「円弧」のほうにして そうです ここを こんな感じですね よくあります こういうの ちょっとビールみたいですね これ では 20% ぐらい もうちょっとかな 30% ぐらいにしておきます こんな感じですね 「OK」します こんなふうに簡単に 流用することができます 文字を打ち変えて うねり具合を変更する それから色を変更する というのも 簡単に効率的に行うことが出来ます このレッスンでは テキスト入りのうねったリボンバナーの 効率的な作り方と 使いまわし方法を解説しました

基本を押さえてイラスト作成を極める!

このコースではIllustratorの使いこなすさまざまな方法を解説します。図形ツールで簡単なキャラクターを描く方法から、効果を利用した花の描き方、グラデーションの使いや立体表現、パターンの使い方やアピアランスの効率的な活用方法、さらにはペンツールの詳細な解説やイラストのトレース作業までたっぷり紹介します。

4時間32分 (45 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。