基本を押さえてイラスト作成を極める!

アイコンにアピアランスを設定してボタンをつくる。

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
アイコンにアピアランスを追加して、ボタンを作成する方法です。
講師:
10:05

字幕

このレッスンでは アピアランスの応用編として よくあるアイコンにアピアランスを設定して ボタンを作成しようと思います 複数のアイコンに同じかもしくは色違いの ボタンを作る時などに便利な作成方法です では早速作っていきます 「ウィンドウ」メニューの 一番下の方ですね 「シンボルライブラリ」> 「Web アイコン」を選択します そうすると 沢山並んでいますけれど 家のアイコンにしましょう どれでも良いですけれども お家のアイコンにしますね 閉じておきます このシンボルを選択して 「変形」パネルから 「縦横比を固定」にチェックが 入っているのを確認して 「横幅」を 200 px ちょっと大きくしておきますね 「整列」パネルで縦横の位置を 揃えておきます 中央 に配置しておきますね では「アピアランス」パネルを開きます 「シンボル」にアピアランスを追加して ボタンの形状を作っていこうと思います 「新規塗りを追加」 この時に内容を上にドラッグしておきます ここですね 内容を「線」「塗り」の順番になります ではこの「塗り」を選択して 「効果」メニューから「形状に変換」 >「楕円形」を選択します そうするとダイアログがでますので 「値を指定」にして ここを 300 掛ける 300 これで丸いボタンの形が出来ましたね OK です ではここにグラデーションを 敷いていきます グラデーションの色を先に 決めておきますね 「カラー」パネルで HSB を使います 210 H の値は 210 ぐらいの青ですね S が 80 B は 100 鮮やかな青になります これを「スウォッチ」パネルに 登録しておきますね もう1つ色を作っておきます H の値をそのまま 210 S は 100 B を暗くして 50 にしておきますね こんな感じです この色もスウォッチに保存しておきます これでグラデーション作るのが 楽ちんですね では明るい部分に さっき保存した明るいほうの青 それから こちらですね 100% のほうに さっき設定した暗い方の青 これで角度を -90 度にすると 上から下にグラデーションがかかった― 丸い形状のオブジェクトができました ではこれに効果をかけていきます 「アピアランス」パネルを開いて 「塗り」を 効果をかける「塗り」ですね ここを選択しておいて下さい そして「効果」メニューから 「スタイライズ」 「光彩(内側)」を選びます 「描画モード」は「乗算」 ここのカラーチップは黒にしておいて下さい 黒じゃない人はここを選択して 黒に設定しておいて下さい 「不透明度」は 50% 「ぼかし」は 30 px これで OK します そうするとぼんやりと縁に黒が付いて ちょっと立体っぽくなってきたと思います ドロップシャドウをかけます 「スタイライズ」>「ドロップシャドウ」 「描画モード」は「乗算」ですね 「不透明度」は 40% それから 「X 軸オフセット」は 0 px 「Y 軸オフセット」は 4 px それから「ぼかし」は 5 px で「カラー」は黒ですね この状態で OK します ほんのり影が付いて 大分立体っぽい感じになってきました ではまだまだ効果を重ねていきます まず「塗り」を選択して そこからもう1つ「新規塗りを追加」します 今 下に塗りが追加されましたので これを上に持ってきます こんな感じですね 下にはずらっと今かけたものが 今 効果を付けたものがありますので これは閉じておいて こっちを使います グラデーションを編集していきます 「グラデーション」パネルを開いて こちら側の 0% 「位置」 0% のほうの 「不透明度」を 70% に そしてこちらの 100% のほうを 0% に変更します こんな感じに薄い 薄くて不透明になっていく グラデーションになりました この状態で 「効果」メニューから 「形状に変換」>「楕円形」 を選びます これ先程と同じにします 値は「値を指定」にして 300 掛ける 300 ですね こんな感じです ちょっと上のほうの 黒のぼかしが薄くなったと思います 色を重ねて ちょっとぼかしの かかり具合を調整しました もう1つ効果を掛けていこうと思います ここにうっすらと光があたっている感じの ハイライトを入れたいですね では作っていこうと思います 「アピアランス」パネルを開いて 「新規塗りを追加」します ここにできましたね これを使います まずグラデーションを白黒 「ホワイト、 ブラック」を選択します こんな感じですね この状態でもう1度 「形状に変換」>「楕円形」 「値を指定」で同じ数字を入れます 300 px 掛ける 300 px こんな感じですね そうすると 画面がこんなふうに せっかくの青が消えて 白から黒の グラデーションが付いていると思います グラデーションの角度ですね -60 度にしておきます そして「効果」メニューから 「パス」>「パスのオフセット」を選択します ここを -20 に設定して OK します そうすると内側に 20% 引っ込み見ました この状態で「アピアランス」パネルを開いて 「塗り」を選択しておきます そして「効果」メニューから 「ぼかし」>「ぼかしガウス」 を選択します 10 px で OK しますね そうするとぼやっと ぼかしがかかりました 「塗り」を選択して 「グラデーション」をもう1度設定しますね グラデーションスライダの この位置をぐぐっと これぐらいの位置に 60% の位置に変えます そうするとこっち側は黒になって ここからグラデーションが始まっている こんな感じになりますね 角度は 60 度 -60 度です この状態で「アピアランス」パネルを開いて 「不透明度」 ここから「透明パネル」を開いて 「描画モード」を「スクリーン」に変更します そしてここの「不透明度」を 60% に設定します この左上の部分にうっすらと 白っぽい部分ができて 光が当たっているような感じになりました もう1つ塗りを設定します 「新規塗りを追加」して 今度はこの塗りを アイコンの部分ですね 白に設定します そして「ドロップシャドウ」を選んで 値は同じです 「描画モード」は「乗算」 「不透明度」は 40% 「X 軸オフセット」は 0 「Y 軸オフセット」は 4 px 「ぼかし」は 5 px このままですね OK します こんな感じですね できました アイコンにボタンが付いて ここをぽちっと押せるような感じになりました これを「グラフィックスタイル」に 登録しておきましょう こんな感じですね 「グラフィックスタイル」に登録されました 一度登録しておけば 他のアイコンにももちろん使えます では試しにやってみますね シンボルから別のアイコンを引っ張り出して 画面の上に配置します 「変形」パネルで サイズを 200 に設定して大きくなりました これに先程の 「グラフィックスタイル」を... ぽちっとあてると こんな感じに同じ効果が付いて 同じようなボタンのデザインに なったと思います 色を変える場合は ライブカラーを使用して変更します 「オブジェクトを再配色」ボタンを押すと このように「オブジェクトを再配色」 ダイアログがでますので 「編集」にして 「ハーモニーカラーをリンク」して H の値をこうぐりっといじると 色を変更することができます 簡単です このレッスンではアイコンに アピアランスを設定して ボタンを作成する方法と その使いまわし方 グラフィックスタイルに登録して 適用する所までを解説しました

基本を押さえてイラスト作成を極める!

このコースではIllustratorの使いこなすさまざまな方法を解説します。図形ツールで簡単なキャラクターを描く方法から、効果を利用した花の描き方、グラデーションの使いや立体表現、パターンの使い方やアピアランスの効率的な活用方法、さらにはペンツールの詳細な解説やイラストのトレース作業までたっぷり紹介します。

4時間32分 (45 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。