基本を押さえてイラスト作成を極める!

ランダムストライプ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
パターン作成の応用、幅も色の並びもランダムなストライプを作成します。
講師:
03:15

字幕

このレッスンではパターン作成の応用編として 幅も色の並びもランダムなストライプの パターンの作り方を解説します 「個別に変形」のランダム要素や 「整列」パネルを使用します 表示されているのと同じデータが 「ランダムストライプ」というファイル名で プロジェクトファイルの中に入っていますので 参照してください では早速やっていきたいと思います シトラスカラーの色を すでに設定しておきました この長方形のサイズは横が 40 ピクセル 高さが 100 ピクセルになっています 5 色それぞれバラバラの色を設定してあります これを全部選択します この状態でマックの場合は option キー ウィンドウズの場合は alt キーを押しながら sHift キーを押しながら–– ドラッグします そして複製します もう一度複製します これで同じ色が 3 色づつ含まれた 色の帯ができました これを「個別に変形」で ランダムに変形していきます 全部選択します 「オブジェクト」メニューの「変形」 「個別に変形」を選択します 「水平方向」を 60 % 「移動」の「水平方向」を 80 ピクセルに設定します 「OK」します だいぶ動いて幅が変わりました もう一度「オブジェクト」の「変形」から 「変形の繰り返し」を選びます だいぶ動きました もう一度動きます 「オブジェクト」「変形」から 「変形の繰り返し」を選択します はいこんな感じですかね では一番端っこの... ここですね ...を何も押さずにクリックします そうするとここがハイライト表示されて キーオブジェクトに変わります 「整列」パネルで「等間隔に分布」の この「水平方向等間隔に分布」ボタンを クリックします そうすると隙間なくぴっちり こういうふうに並びますね 色の幅もそれから色の並びも ランダムな状態になっています ではこれを全部選択して 「変形」パネルで横幅を 200 ピクセルに整えます こんな感じですね このオブジェクトをスウォッチパネルに ドラッグすれば ストライプのパターンが出来上がります じゃあ仮に長方形を配置して で今登録したパターンを塗ってみましょう こんな感じですね 色の帯の幅がバラバラなライダムな ストライプのパターンが完成しました このレッスンでは「個別に変形」や 「整列」パネルを使用した 幅も色の並びもランダムな ストライプパターンの作り方を解説しました

基本を押さえてイラスト作成を極める!

このコースではIllustratorの使いこなすさまざまな方法を解説します。図形ツールで簡単なキャラクターを描く方法から、効果を利用した花の描き方、グラデーションの使いや立体表現、パターンの使い方やアピアランスの効率的な活用方法、さらにはペンツールの詳細な解説やイラストのトレース作業までたっぷり紹介します。

4時間32分 (45 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。