基本を押さえてイラスト作成を極める!

パターンブラシで猫の足跡

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
パターンブラシをおさらいして、猫の足跡を作ります。
講師:
06:15

字幕

このレッスンではパターンブラシの 機能を解説して 猫の足跡のパターンブラシを作ります cat というファイル名の AI データが プロジェクトファイルの中に入っていますので 参照して下さい パターンブラシですけれど おなじみの機能だと思います こんなふうに右と左が繋がる状態の 画像を繰り返しパスの上に表示する というのがパターンブラシです ではこれを早速登録してみましょう ブラシパネルにドラッグします パターンブラシですね OK そうすると「パターンブラシオプション」 というダイアログがでますので ここで設定していきます ここですね 今サイドタイルが綺麗に並んでいます 外角タイル この角の部分ですね ここを自動で生成されるようになりました 自動折り返し 自動中央揃え あとは自動スライス 真ん中からスパっと切って 斜めに切って繋げてくれる機能です あと単純に重ねるものですとか こんな感じで合わせてくれるようになりました 内角のほうにも同じ奴を作っておきます これで OK です できました 適当な長方形を描いて 適用してみます 塗りはなしのほうがわかりやすいですね こんな感じです ちょっと大きいな パターンブラシを登録した場合 その時の登録したオブジェクトの サイズが 1pt 線の太さ 1pt の大きさになります ですのでここを 0.5pt にすれば 大きさ半分になりますね こんな感じです 角の部分も ぐにょっといい具合に曲がって 繋がっていると思います では猫の足跡を作ってみましょう レイヤーで猫のほうを表示して下さい 猫の足跡 書いておきました 楕円をただ組み合わせただけのものです 猫かわいいですね ではこれをパターンに登録していきましょう まず縮小します 30% ぐらいでしょうか これくらいですかね ちょっと小さいですけど 縮小しました これを回転ツールで -90 度 回転します こんな感じですね で 長方形ツールを使って 適当な大きさの正方形 これぐらいですね 大体2つ入る大きさの正方形を描きます わかりやすいように 色を仮に 水色に設定しておきましょう 「シアン」ですね オブジェクトを「最背面へ」 こんな感じです 猫の足跡を 互い違いになるように2つ こんな感じですかね 2つが丁度 正方形の真ん中あたりに 来るようにして下さい こんな感じでしょうか これがサイドの部分になりますね コーナーの部分も作っておこうと思います 全部選択して Mac の場合は Option キー Windows の場合は Alt キーと Shift キーを押しながら こんな感じにドラッグします そしたらコーナーの部分を作りますね 外角の部分 2つの足跡を選択して 45 度回転します 角の部分では立ち止まる感じにしましょう こんな感じですか こんな感じですね これも正方形の真ん中辺りに来るように 角ですね 角の真ん中に来るように調整しておいて下さい 大体 大体でいいですけれど そしたら この水色の部分 この正方形の塗りをなしにします こんな感じですね これで登録の準備ができました ブラシパネルに登録していこうと思います まずサイドの部分ですね これを登録してしまいます 「パターンブラシ」 OK こんな感じですね てこてこと歩いている猫の... ブラシが登録できました フィットの部分は間隔を空けて パスにフィットをしておきます こんな感じです OK ですね そしたらコーナーの部分です コーナーの部分を Mac でしたら Option キー Windows でしたら Alt キーを押しながら 直接 この角の部分に登録してしまいます OK もう1つの角ですね こっちの角にも同じものを こうして Mac だったら Option キー Windsow なら Alt キーを押しながら 直接4番目のマスですね これに登録します こんな感じですね これで猫の足跡の パターンブラシが完成しました では仮に長方形を描いて 適用してみましょう こんな感じですね 猫がてこてこと歩いて 角では立ち止まるという パターンブラシが完成しました こんなふうに繋がってないオブジェクトでも パターンとして面白いものを 作ることが出来ます このレッスンでは猫の足跡の パターンブラシと パターンブラシの機能のおさらいをしました

基本を押さえてイラスト作成を極める!

このコースではIllustratorの使いこなすさまざまな方法を解説します。図形ツールで簡単なキャラクターを描く方法から、効果を利用した花の描き方、グラデーションの使いや立体表現、パターンの使い方やアピアランスの効率的な活用方法、さらにはペンツールの詳細な解説やイラストのトレース作業までたっぷり紹介します。

4時間32分 (45 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。