基本を押さえてイラスト作成を極める!

ペンツールで簡単なキャラクターを描いてみる 輪郭をトレースする- 前編 -

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ペンツールを使って簡単なキャラクターを描いてみます。まずは輪郭をトレース
講師:
10:12

字幕

このレッスンでは ペンツールの使い方として 実際にキャラクターのイラストを 描いて見ます 丁寧に1つ1つの線を 解説しながら描きますので 一緒に練習してみてください Witch_1 という AI データが プロジェクトファイルの中に入っていますので 参照してください これですね こちらが Witch_1 です まず準備をします 下絵を画面に配置した状態です ボールペンでぐりぐり描きました これを元にトレースしていきます まず下絵の不透明度を 40 %にしておきます 薄くなりましたね これでちょっとトレースしやすくなると思います そしてレイヤーを追加して この下絵を移動しておきます レイヤーをロックします 上に置いておきます そして下に実際の 描画のレイヤーを置いておきます そしてグラフィックスタイルですね 少しこれ余分なものが多いので 未使用項目を選択して 削除してしまいます 邪魔ですので こういう風にデフォルトの状態だけを 残しておきます そして何かオブジェクトを1個配置して 線を2ポイント それから塗りを見やすい濃度の色の 今回は水色を使いますね 色をつけてアピアランスを開いて 塗りの不透明度を 20 %にしておきます このオブジェクトの塗りと線を利用して トレースをしていきます グラフィックスタイルに登録します では この仮のオブジェクトは 消してしまいます では早速トレースしていきます まず わかりやすい顔の部分から 楕円形ツールを使います Mac だったら Option キー Windows だったら Alt キーを押しながら ドラッグすると中心からの円が描けます Shift キーを押しながら真円にします 大体顔の輪郭はまん丸な感じです こんな感じです グラフィックスタイルをあてておきます ではペンツールで この首の部分を描いていきます ちょっとこれだと小さいので拡大します 今 200 %に拡大して描いています ペンツールで首の部分を描きます 線がゴチャゴチャと重なっているところを クリーンアップするつもりで こんな感じです なるべくクローズパスにして描いていきます 殆ど首は直線で肩も直線 この襟の所だけ曲線にして こんな風に描きました グラフィックスタイルに登録します そして首と顔のオブジェクトは シェイプ形成ツールでつなげてしまいます ドラッグします こんな感じです 首と顔ができました 少しだけ修正します こんな感じでしょうか これで OK 次は髪の毛の部分を描きます 大体 手前のものから描いた方が楽ですが 時と場合によって前後させていきます この前髪の部分を アンカーポイントで 先の所 ここまでドラッグします そして Mac だったら Option キー Windows だったら Alt キーを押しながら ハンドルの方向を変えます そしてペンツールでドラッグします こんな感じです 閉じておきます グラフィックスタイルを登録しておきます そしたらここにあるこの髪を これも一緒にこうして描いておきます ドラッグで曲線を描きます いちいち面倒ですがグラフィックスタイルを 登録しながら描いていきます そしたらこの帽子のつばを描きましょう 少し下げて描きやすい位置に持ってきて ここです ここから大きく ぐっとハンドルを伸ばします そして一気にここまで引いてしまいます こんな感じです 今 少し見えなくなってしまっているので ずらして このハンドルを Mac なら Option キー Windows だったら Alt キーを押しながら こちら側に移動します そしてアンカーポイントを打ちます 少しここの曲線が不自然なので 直接 直します Command キー Windows の場合は Ctrl キーを押すと こんな風に選択ツールと切り替わりますので 少しこんな風に修正しながら トレースしていきます ここの波線が連続するところですね ここは頂点の部分にアンカーポイントを 打って行くと簡単です そして もう1箇所アンカーを打ってから とんがり帽子が折れている所に行きます ドラッグします そして1番頂点の所へ こんな感じでしょうか そしたら今 こちら側の方向が強すぎるので 選択キーとショートカットで切り替えます Mac なら Command キー Windows なら Ctrl キーを押して 少し戻します これぐらいですね それでまたアンカーポイントを こうして打っていきます 戻します そして打ってここにつなげます 今 こんな風にビヨーンとなりましたが こちら側の帽子の下側のつばの 前に描いたところに合わせてください こんな感じです そしてこちら側に膨らんでしまったのを Mac なら Option キー Windows なら Alt キーを押しながら こんな風に修正します 帽子が描けました グラフィックスタイル登録しておきます こんな感じです では顔のパーツを描いていきましょう 鼻です アンカーポイントをぎゅっと伸ばして こちら側のアンカーポイントまで 2つのアンカーポイントの曲線で 鼻を描けます では口です オープンパスが必要な所は オープンパスで描いていきます こんな感じです 少しここのカーブがきつ過ぎるので 白矢印ツールに持ち替えて修正します これくらいですね 微妙な修正ですけど では目の部分です 楕円ツールを使います 中心から円を描くには Mac なら Option キー Windows だったら Alt キーです これぐらいの楕円でしょうか こんな感じです グラフィックスタイル登録しておきます 黒い瞳の部分ですが同じように Mac なら Option キー Windows なら Alt キーを押しながら こんな風に描きました グラフィックスタイルを登録すると 丁度透明になっているので この部分ですね  はみ出しているのがわかります それはこの場で処理していきます 選択ツールで黒目の部分と 目の輪郭の部分を Shift キーを押しながら2つとも選択して 少し拡大してから シェイプ形成ツールを選択します Mac なら Option キー Windows なら Alt キーを押しながら カーソルがマイナスになっているのを確認して この重なっている部分を いらない部分をクリックして削除します それから拡大率を戻します これぐらいに戻します では またペンツールに持ち替えて こちら側の目 ウィンクしている方を こんな風にトレースします 睫を描いておきます こんな感じですね こちらの睫も描いておきます こんな感じですね 顔と帽子の部分ができてきました このレッスンではペンツールで キャラクターイラストをトレースする作業 前半の部分を解説しました

基本を押さえてイラスト作成を極める!

このコースではIllustratorの使いこなすさまざまな方法を解説します。図形ツールで簡単なキャラクターを描く方法から、効果を利用した花の描き方、グラデーションの使いや立体表現、パターンの使い方やアピアランスの効率的な活用方法、さらにはペンツールの詳細な解説やイラストのトレース作業までたっぷり紹介します。

4時間32分 (45 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。