InDesign 基本講座

線幅や線種、角の形状を設定する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
線幅や線種、角の形状の設定方法をはじめ、[パスの先端][角の形状][線の位置]をどうするかによって線幅がどのように変化するかを解説します。
講師:
06:30

字幕

InDesignでは、「線」パネルや「コントロール」パネルを使用して「線幅」をはじめ「線の種類」や「始点」「終点」更には「点線の間隔」のカラーなどを設定できます。このレッスンでは、「線幅」や「線種」「角の形状」を設定する方法を学びます。まず、オブジェクトに対して「線幅」を指定してみましょう。「線パネル」を表示させます。「線パネル」が表示されていない場合には「ウィンドウ」>「線」を選択して表示させておきましょう。或いは「コントロール」パネルを使用しても構いません。選択ツールまたはダイレクト選択ツールでオブジェクトを選択します。「線」パネルの「線幅」に目的の線幅を指定します。この様に直接入力してもかまいませんがこちらのプルダウンメニューから目的のものを選択してもかまいません。オブジェクトに対して「3mm」の線幅が適用されました。では「線の種類」を変更してみましょう。こちらのプルダウンメニューには目的に応じた様々な種類が用意されています。デフォルトの「ベタ」以外にもたくさんのものが用意されていますがここでは、「句点」こちらを選択してみます。すると、この様に線が句点になりました。「句点」を選択すると、今度は「間隔のカラー」という項目が表示され間隔に対しても、この様に「カラー」を設定することが可能になります。 では今度は、こちらのオブジェクトに対して「始点」と「終点」を設定してみましょう。それぞれ、プルダウンメニューから目的のものを選択します。ここでは、「始点:円」「終点:三角」こちらを選択しました。この様に「始点」と「終点」が適用されます。なお、「始点」や「終点」は「線の太さ」に応じて、大きさが変わります。例えば「線幅」を太くしてみましょう。この様に、線幅を太くすると「始点」や「終点」のサイズも大きくなります。残念ながら、「始点」や「終点」をサイズ調整することは出来ません。今度はこちらのオブジェクトに対して点線を設定してみましょう。オブジェクトを選択し「種類:点線」こちらを選択します。すると、この様に「点線」に変わりました。「点線」を指定すると「角」「線分」「間隔」をそれぞれ指定することが出来るようになります。ここでは「線分:2mm」「間隔:1mm」と設定してみます。なお「角」には「なし」以外にも「点線の調整」「間隔の調整」「点線と間隔の調整」があります。まず「なし」を選択してみましょう。この様に角の形状がきれいではありません。一般的に、角が一番美しく調整されると言われているのが「点線と間隔の調整」です。 特に、選ぶものがなければ一般的にはこちらを選択しておくとよいでしょう。また、「線パネル」では「パスの先端」と「角の形状」「線の位置の設定」も可能です。ここで、何を選択しているかで線の見た目は大きく変わるので注意が必要です。まずこちらの線のオブジェクトをご覧ください。スペースキーを押してハンドツールに切り替え下のほうにスクロールしてみましょう。この線のオブジェクトにはそれぞれ一番上が「先太」二番目が「丸型先端」三番目が「突出先端」がそれぞれ設定されています。実は三本とも同じ長さの線なのですが先端の形状が異なるため違った長さに見えているのがご覧いただけるかと思います。それぞれ目的に応じて選択をしてください。次にこちらの正方形を三つご覧ください。こちらが「マイター結合」こちらが「ラウンド結合」こちらが「べベル結合」が適用されています。それぞれ、角の形状が異なりますので目的のものを選択してください。なお、角の比率やパスの角が尖る限度を指定します。こちらのオブジェクトで見てみましょう。この様に角の先端が尖っていないような場合角の比率を大きくすると角が尖ります。やってみましょう。オブジェクトを選択し「角の比率」を大きくしていきます。 デフォルトでは「4」になっていますが「6」にすると、この様に角が尖ったような状態に変化します。目的に応じて設定してください。但し、この設定は「角の形状」に「マイター結合」を選択している場合のみ設定可能になっています。そして、一番注意してほしいのが「線の位置」こちらです。こちらの四角形をご覧ください。これらの正方形はすべて同じサイズなのですが線の位置がそれぞれ異なっています。一番左のオブジェクトが「線を中央に揃える」真ん中のオブジェクトが「線を内側に揃える」右側のオブジェクトが「線を外側に揃える」が適用されています。一番左のオブジェクトはパスを中心に線幅が内側と外側に肥るのに対し真ん中のオブジェクトは内側のみ右側のオブジェクトは外側のみに線幅が肥っています。このため、正方形のパスのサイズは三つとも同じなのですが見た目の大きさは変わってきます。デフォルトでは、一番左の「線を中央に揃える」が選択されています。目的に応じて切り替えて使用してください。この様に線に対しては様々な設定が可能です。どう設定するかで、結果も変わってきますので注意してください。以上 、「線幅」や「線種」「角の形状を設定する」方法を学びました。

InDesign 基本講座

このコースではInDesignの基本的な操作から実践的な操作まで豊富なInDesignの機能をひと通り理解するとともに、仕事で役立つより実践的な使い方も併せて解説します。マスターページやテキストフレームなどInDesignを扱ううえでのベースとなる考え方も丁寧に解説しています。

6時間49分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
InDesign InDesign CC
価格: 3,990
発売日:2014年10月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。